本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




ホーム > ニュース&トピックス > 保健医療福祉学部の3つの方針(ポリシー)

ホーム > 入試情報学部入試 > 保健医療福祉学部の3つの方針(ポリシー)

ホーム > 大学案内理念 > 保健医療福祉学部の3つの方針(ポリシー)


保健医療福祉学部の3つの方針(ポリシー)

アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーをご覧いただけます。


埼玉県立大学保健医療福祉学部の3つの方針(ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 

 本学は、共生社会に貢献できる人材を育成するため、豊かな人間性、創造力に富む知性、高い専門性と連携力、国際性と地域性に基づく協働力の涵養を教育目標とする本学のカリキュラムの学修に必要とされる基本的な能力と保健医療福祉分野において活躍しようとする意志を以下のとおり捉え、それらを備えている人々を受け入れます。

 

 1.高い専門的知識、技術の修得に必要な基礎的学力

 2.保健医療福祉の分野における学術的探究や実践的活動に取り組む意欲

 3.多様な人々と関わり合うことのできる基本的なコミュニケーション能力

 

 本学はこれらを学力試験、小論文、面接試験等を通して総合的に判断し、保健医療福祉の様々な専門分野で活躍するための出発点に立つにふさわしい向上心をもった人々に、広く門戸を開きます。

 

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 

 教育目標の到達を目指す学修を可能とするため、以下の考え方のもとにカリキュラムを構成します。

 

 1.共通教育に関する科目は、豊かな人間性と創造力に富む知性の涵養を可能とし、保健医療福祉の領域における多様な実践を行うための基盤となる能力を修得するために、初年次科目、保健医療福祉科目、教養科目から構成されるカリキュラムを編成します。その際には、リテラシーの獲得から教養教育と専門教育への展開につながるプロセスを明示します。

 2.受講すべき科目に順次性や階層性を持たせることや選択の幅を広げることによって、継続的に探究することや主体的な学修ができるようにします。

 3.専門教育に関する科目は、学位(学科・専攻)ごとに特色ある体系的編成としつつ、同時に学科に関わらず履修できる科目を配置します。

 4.学部として共通に学ぶことと、それぞれの専門分野で学ぶことを有機的に結びつけ

たカリキュラムとします。特に、専門職連携(Interprofessional Work: lPW)の科目については、各年次に配置し、連続性と階層性を明示します。

 5.国際的な視野をもちながら、地域における保健医療福祉の諸問題への継続的な取組みを可能とする科目を配置します。

 

 学生がこのカリキュラム・ポリシーの意義を確認しながら履修できるよう、カリキュラムの全体像と順次性・階層性について明示します。

 

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 

 本学の学則に定めた所定の単位を修得し、教育目標に到達したと判断できる者に学位を授与します。具体的には、以下の点について、講義や演習・実習等を通じた学修成果に基づき総合的に判断します。

 

 1.保健医療福祉の分野において重要である、対象者の多角的な理解ができるとともに、高い倫理観を備えていること。

 2.日常の社会生活において、客観的かつ批判的な思考(critical thinking)を身に付けていること。

 3.場面に応じた適切な判断力や、多面的な視点からの課題へのアプローチ等、様々な課題に対応することのできる専門的かつ総合的な視点を備えていること。

 4.多様な人々とコミュニケーションを図りながら連携することができ、ライフステージに応じた人々の健康と生活を統合的に支える活動に取り組めること。

 5.国際的な視野をもちながら、地域における保健医療福祉の諸問題への持続的な取組みができること。

このページについてのお問い合わせ先

【教務・入試担当】 nyushi@spu.ac.jp

外線: 048-973-4117 FAX: 048-973-4808