本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




ホーム > サイト情報 > RSSの利用について


RSSの利用について

RSSの利用方法についてご説明します。


RSSとは

 RSSとは「Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)」の略で、主にWebサイトの更新情報や最新情報を簡潔にまとめてユーザーに配信するための書式です。(同様のものとして、ATOM という書式もあります。)これらを総称して「RSS/Atomフィード」あるいは単に「フィード」と呼びます。

 

 ユーザーは、このRSSフィードを「RSSリーダー」というツールを使って取得することで、Webサイトの更新情報や最新情報を知ることができるようになります。
RSSフィードをRSSリーダーに登録すると、Webサイトが更新された時だけ更新記事や最新記事をお知らせしてくれるため、時間をかけずに効率よい情報収集ができます。


RSSリーダーについて

 RSSフィードを取得し、内容を表示するためのツールが「RSSリーダー」です。
RSSリーダーはWebサイト上のRSSフィードをチェックした結果、新しく追加された新着情報があれば、その「ページタイトル」「アドレス」「見出し」「要約」「更新時刻」などを表示します。

 

 RSSリーダーは複数のWebサイトを登録しておくことができるので、個々のWebサイトを直接見に行くことなく新着情報を知ることができます。

 

 RSSリーダーは、さまざまなWebサイトで無料配布されていますので、お好きなものをご使用ください。

 

RSSリーダーの種類

種類 説明 代表例
Webブラウザ型 Webブラウザ(Webサイトを閲覧するツール)に組み込まれたRSSリーダー

・Internet Explorer

・Safari

Webサービス型 インターネットを通じて提供しているRSSリーダー。インターネットに繋がる環境であれば、どこからでも利用できる

・Googleリーダー

・My Yahoo!
・livedoor Reader

メーラー型 「Outlook Express」などのメーラーと同じような使い勝手のRSSリーダー

・goo RSSリーダー

・Headline-Reader

ティッカー型 パソコンにインストールをしてデスクトップに新着情報を表示させるRSSリーダー

・Headline-Deskbar

・Rabbit Ticker

 

RSSのご利用について

 RSSリーダーへのWebサイトの登録方法などに関しましては、お使いのRSSリーダーの使い方をご覧ください。RSSの利用方法や、RSSリーダーに関する個別のご質問にはお答えできませんので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
 また、RSSリーダーのインストールまたは使用したことによる不具合や機器の障害などすべてに対して本学では責任を負いかねます。
 なお、RSSによる情報配信は、事前の告知なく休止、またはURLを変更する場合がありますので併せてご了承いただきますようお願いいたします。