本文へスキップします。

【参】メインイメージ(入試情報)
H1

オンライン説明会・相談会

資料請求



学生座談会動画[申込制]

受験生の皆さんにとって、学科の内容や入試制度はもちろんですが、学生生活やどんな雰囲気の学生がいるのかということも気になっている方は多いと思います。
今回、すべての学科・専攻の学生さんに参加していただき、学生生活や受験勉強のことなどを伺う、座談会を行いました。
1時間程度の内容になっていますので、ぜひご覧ください。

動画視聴を希望する方は下記参加申込フォームから申込を行っていただき、マイページよりご視聴ください。

座談会に収まりきらなかった内容を紹介

ご協力いただいた学生にアンケートを行いました。時間の関係で座談会に収まりきらなかった内容を紹介します。
※在学生の体験に基づくものです。入試方法やカリキュラムは変更になる場合があります。

受験対策は、どのようにしていましたか?
センター試験の内容は学校でやるので、主に小論文。自分で小論文対策の本を買って対策しました。
私は推薦入学だったので、小論文はご存知の通り英文なので過去問はひと通り全部解いて、問題文も全文和訳して英語の先生に確認してもらっていました。とにかく内容が理解できないと小論文が書けないので、まずは英語力を身につけるようにしていました。それで小論文を先生に添削してもらい、良い感じに書けるまで何回か書き直しをしたりしたと思います。小論文は書き切らないことには意味がないのでとりあえず慣れておく事、時間内に終わらせる事を大事にしていました。
  面接は、私は学校にいる知ってる先生から知らない先生までひたすら捕まえて練習を手伝ってもらいました(校長先生とかにも頼んでました)。当日はとにかく緊張との戦いだと思うので、色んな先生とやることで緊張に慣れておく事が重要だと思います。また色んな先生とやることで様々な視点から質問してもらえます。その時答えられなくてもその聞かれた質問には次は全部答えられるように全部メモしてセリフのように覚えていました。どんな質問が来るのかある程度予想はできると思うのでその内容を聞かれたらつまずかないで言えるように練習していました。割と幅広く質問の内容は準備していても、万が一違った角度から質問された時に役立つことがあるので自分は良かったと思っています。
私は、推薦入試だったため、3年の夏休み頃から過去問を解いたり、他大学の入試の英文を読んだりしていました。また、高校の色々な先生に声をかけて面接練習もたくさんしました。とにかく数をこなすことが大切だと思います!
センター試験:過去問を解く。過去問や問題集を解いて分からない単語などをメモし、それを調べたノートを作る。二次試験:小論文の過去問を解く。他の医療系大学の過去問を解いたり、解かなくても読んでおいたりして医療系の話題に慣れる。
推薦入試だったので、筆記対策として英語科の先生の助けを得ながら英文読解プリントや過去問を解き続けました。また面接では、県立大の志望理由や高校時代に頑張ってきたことを自分の言葉で伝えられるよう繰り返し練習しました。
小論文:県大の過去問に加え、他大学で出題された問題を解いた。後期で練習時間があまり無かったので、1日2題ほど解いていた。面接:将来就きたい職業について調べ、自分が研究したい領域についても本やネットを使って調べた。また、大学のパンフレットを読んだりアドミッションポリシーを読んで自分なりに大学がどのような人材を求めているか考えた。 

埼玉県立大学に受験を決めた時期
高校1年生8月頃 高校2年生9月頃高校2年生11月頃
高校3年生5月頃 高校3年生8月頃高校3年生10月頃 高校3年生1月頃

受験を決めた理由
埼玉県内で働きたかったのと、複数の資格を取得できるから。また国家試験の合格率が高く、オープンキャンパスで在校生の優しくて明るい雰囲気が自分に合っていることも決め手の一つだった。
自分が勉強したいと思っていた領域の研究をしている先生がいたから。
高校生向け開放事業に参加し、大学の雰囲気に魅力を感じたため。
それまで目指していた大学よりも、県大のほうがやりたいことにあっていると気づいたから。
自分の将来の夢について考えた時にその職業が1番合ってることに気付き、それになれる学校を探したところ埼玉県立大学を知った。自分の出身校から入学している人が多くて先輩からの話を聞いて知った。
公立大学で学費が安く、家からの距離がとても近いところ。複数の資格が得られるため。

埼玉県立大学に入学して一番楽しかったこと
実習後に友達との打ち上げ。普段仲良くしているメンバーだけでなく、実習後に知り合ったメンバーとも仲良くなって結束力が深まるところが楽しい。
学科のみんなで行った旅行。
本当に良い友達がたくさんできて、選べないくらい毎日楽しいです。
学園祭のステージで演奏したこと。
サークルや学科の友達と色々遊びに出掛けたこと。学祭で発表したとき。仲良い友達と遊びに行ったり、部活の合宿だったり、楽しいことが多くて一番が選べないです。

県大生の良いところを教えてください
県大生は優しくて明るい人たちばかりなので、毎日学校に行くのが楽しいです。
学科内外に関わらずフランクで温かい人が多い。
みんな優しいところ。やるべきことはしっかりとこなすところ。
小規模だから、友達ができやすい。
初めて話す人でも割と普通にグループワークができるところ。
やる時は真面目に、はっちゃけるときは思いっきり、メリハリがある人が多い
怖い人やとがった人がいない。優しい人が多い。
気配り上手で優しい人が多いです!何度か大学内で落し物をしたことがあるのですが、みんな事務局に届けてくれるくらい優しいです!

先生との距離は近いですか?
以前私が授業のことで悩んでたときも先生が親身になって聞いてくれました。基本困ってる学生がいたらどの先生方も心配して声をかけてくれるし、親身になって話を聞いてくれると思います。また、用のない時でも先生の研究室に遊びに行って雑談やお茶会みたいなことをしたこともあります。本当に優しい素敵な先生しかいないので私はこの大学に入って良かったと思う大きい要因の一つです。
本当にクラスのような感覚なので、先生との距離は近いと思います。
とても近い。学校から駅まで先生と一緒に歩いて帰ったこともある。
先生との距離は近いと思います。私の場合、入学当初からなりたい職業が決まっていたので、その夢を達成するために何が必要なのかを丁寧に情報提供してもらいました。こうした手厚い進路サポートのおかげで、第一希望の就職先に内定が決まりとても嬉しかったです。

IPE科目について
他職種連携はまず他職種の特性を理解すること。考え方がちがうこともあるのでそこを頭に入れておくということ。
埼玉県立大学を目指す人の殆どが医療従事者を目指したくて入ると思うのですが、医療従事者は他職種との連携が大事になってきます。その中でもIPEは自分の学科以外の人と関わりや、普段の自分の学科専攻とは違ってどんな内容を学んでいるのかを知る事ができ、将来現場に立った際の想像がつきやすいので自分のやるべき事が何なのかが改めてわかると思います。また連携をとる事が重要なのでコミュニケーション能力は身につくと思います。
他職種連携ということで、他学科の学生とのコミュニケーションが取れる点がいいと思います。色々な視野が身につくのではないかと考えます。
他の学科や専攻の人とグループになるため自分の知らないことを知ることが出来る。また、事例検討の際に事例を見る視点が異なっているため視野が広がる。
保健医療福祉学部の中でさまざまな多職種の方々の専門的な考えを吸収することが出来て、非常に楽しくてやりがいのある科目です。
自分の専門領域を中心として考えるのではなく、多職種の方がどのような活躍をされており、自分が専門性を発揮できるのはどこなのかを客観的に見ようとする姿勢が着いた。
 
受験生の方へのメッセージ
県大は、保健医療福祉の分野で活躍したいと頑張る仲間がいて、皆優しいし楽しいので充実したキャンパスライフをおくることができます。また県大は、勉強面や生活面でも親身に相談に乗ってくれる優しい先生が多いです。施設がキレイなところや比較的学費が安いところも県大ならではの魅力だと思います。コロナ禍の受験勉強は大変だと思いますが、頑張ってください!応援しています。
学校の先生や親に勧められた大学を受験することも良いとは思いますが、1番は、自分がどんな勉強をしたいのか・何の研究をしたいのかを明確にし能動的に様々な情報を集めて後悔しない選択をして欲しいです。日々勉強に追われて精神的に辛くなることがあると思いますが、色んな人に話を聞いてもらって受験生活を乗り越えてください!
私は高校時代、部活動と受験勉強を両立していました。どちらかを諦めるのではなく、時間を有効に活用して、勉強は勉強、部活は部活、と切り替えを大事にしていました。埼玉県立大学は、校舎も綺麗だし、学生もいい人ばかりで、本当にこの大学で良かったと思える大学です。難しい社会状況の中ですが、後悔のないように、全力で頑張って欲しいと思います。皆さんをお待ちしています!
今、受験勉強を頑張って、大学入ったら勉強とたくさん好きなことしてください。
このような状況で大変なことや辛いこと、先が見えないことがたくさんあると思います。でも、この状況を乗り越えたらこれから良いことがいっぱいあると思います。もちろん県大を目指してくれて入学してくれたらとてもうれしいですが、もし違う進路になっても自分次第で楽しい生活になるので適度に息抜きしながら突き進んでいってください!
今後先がどうなるかわからず不安でいっぱいだと思います。もしかしたら入学した後も、みなさんが想像している華やかな大学生活は送れないかもしれません。そんなモチベが湧かない状況で勉強しろって、すごい難しい話だな〜と思います。絶対今が1番辛い時期なのに、みなさん頑張っていてほんとうに偉いです。この状況でも勉強をし続けているだけで十分すごい。自分を責めず、最後まで頑張って突っ走って欲しい。大学で会えることを楽しみにしています。
私はもう4年生で来年はこの大学にはいないですが、後輩たちも素敵な子たちが多いので何か困った時は絶対頼りになると思います。今は勉強で大変かと思いますが、私は4年間この大学で過ごして本当に入学して良かった、楽しかった!と心の底から思える自慢の大学なので入学希望している人には何としてでも頑張って入って欲しいなと思います。是非頑張ってください!
夏が終わって、受験が近くなってくることで焦ってしまうかもしれませんが、最後まで諦めずに頑張ることで必ず結果がついてくると思います!ぜひ第一志望に合格して楽しい大学生活を送ってください。