本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

木下 聖

Tadashi KINOSHITA

401145

氏名 木下 聖
Tadashi KINOSHITA
学科・研究科 社会福祉子ども学科 社会福祉学専攻
職名 准教授
学位 博士(人間福祉)/ Ph.D.
専門分野 社会学・社会福祉学
E-mail kinoshita-tadashi “at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・地域社会学、コミュニティ論
・福祉政策(計画)

研究テーマ

・自治型地域コミュニティのまちづくりシステムの検証
・基礎自治体の地域総合支援システム構築へ向けた実践調査と提案
・協働型地域福祉計画の策定過程とプログラムの開発

教育分野(担当科目)

担当科目:地域福祉論、福祉計画論、ソーシャルワーク演習Ⅳ、社会構想論
 
 地域社会での福祉の目標と方向及びサービス・活動、地域での福祉(地域福祉)を具体化する計画の検討と策定、地域社会を対象とした支援プログラム(方法)の作成について、主に担当しています。

自己PR

 日々の生活や暮らしが行われている地域社会の望ましいあり方、人や集団の関係や仕組み、支え合い(福祉)のシステムに関心があります。生活に身近な地域社会に、私たちはどう関わり安全で安心、かつ快適な暮らしやすいまち(コミュニティ)を共に創っていくのかを追究しています。

受験者へのメッセージ

 高齢者や障害者、児童、生活困窮者を対象とした福祉のサービスや活動は、地域社会の場で実施・提供されています。そこでは、私たちがどのような生活をしたいか、その生活を可能にする方向で支援やサービスが行われることが望ましい。その土台となる地域社会のあり方を一緒に学びましょう。

最近の研究内容

 全国の市町村では今、高齢者を対象とした介護サービスと医療の連携、介護予防、また認知症対策などを目的として、地域包括ケアシステムの整備が進んでいます。しかし、地域で支援を必要とする人々は高齢者に限定されません。高齢者以外の要支援者への地域での相談、調整、支援も大きな課題となっています。この課題に取り組み実行するための総合支援型システムの構築が求められています。市町村と協働してそのシステムの開発に取り組んでいます。
 
研究業績(外部サイト)

2020年度教育研究等業績
2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績
平成28年度教育研究等業績
平成27年度教育研究等業績