本文へスキップします。

【参】メインイメージ(共通)
メインイメージ
タイトル

お知らせ

お知らせ:タブ
ALL

平成30年度埼玉県立大学卒業式・修了式を挙行しました New

学生生活

2019/03/15

   平成30年度埼玉県立大学卒業式・大学院修了式を、3月15日(金)に挙行し、学部生417名、大学院生19名が新たな希望を胸に学び舎を巣立ちました。
   萱場一則学長は、式辞で「大学で教授された内容を社会で実践するだけでなく、授けられた知識や技能を拡張し、発展させ、それぞれの分野で独創的な未来を築いていただきたい」と激励しました。(式辞全文はこちら
   また、田中滋理事長からは、「本学で身につけた考える力、思いやる心を活かし、これからも自分を磨き、成長を続け、職場や地域を支える有為な人材として、大いに力を発揮していただきたい」と、はなむけの言葉が贈られました。(挨拶全文はこちらこちら
   さらに、来賓として御列席いただいた、上田清司埼玉県知事(代理 今成貞昭知事室長)、高橋努越谷市長、南本浩之埼玉県理学療法士会会長からも心温まる御祝辞を賜りました。
   学部卒業生代表の菊地ほのかさんは、「陶冶、進取、創発という本学の基本理念の元に培った知識や技術、経験を活かして、これから待ち受ける課題や困難を乗り越え、感謝の気持ちを忘れずに精進したい」、大学院博士前期課程修了生代表の小曽根海知さんは、「今後の新たな課題に対し、大学院で得た多くの知識・経験を糧に、それぞれの分野の垣根を超え、連携し合うことで課題を乗り切っていきたい」、大学院博士後期課程修了生代表の佐藤安代さんは「本学で学んだことを糧として、保健医療福祉分野において共生社会の構築と国際社会の発展に寄与することができる研究者として、研鑽に励む」と、それぞれ決意の言葉を述べました。
【日時】 平成31年3月15日(金)10:00~11:30
【場所】埼玉県立大学講堂(埼玉県越谷市三野宮820番地)
【卒業生数】436名(学部417名、大学院19名)
【参加者】約840名(卒業生・修了生及び家族)
【来賓】
  上田清司埼玉県知事(代理 今成 貞昭 知事室長)
  高橋努越谷市長
  埼玉県立病院の病院長、実習病院の病院長、埼玉県理学療法士会等の関係団体会長 等

 
学位記授与

卒業生答辞