本文へスキップします。

【参】メインイメージ(健康開発学科)
メインイメージ
H1

学科ポリシー

学科ポリシー

健康開発学科の教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)及び学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)をご覧いただけます。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

健康開発学科では、学部のカリキュラム・ポリシーを踏まえつつ、地域社会において指導的役割を果たせるよう、その基礎となる国際的視野とコミュニケーション能力および保健・医療・福祉分野に共通する基本的知識と技術を身につけることが可能な教育課程を編成しています。

  1. 各専攻を超えた幅広い分野において健康に関する理論・技術・プログラム・教育ならびに実践能力を開発できる人材を育成するための科目の配置を行っています。
  2. 各専攻による教育課程の編成・実施方針については別途詳細に定められており、その方針に則りそれぞれの専門科目は編成されています。
  3. 学科としての教育課程の編成・実施方針の具体的な一手段として、他専攻の専門科目も希望により選択履修ができるように可能な限り門戸を広げて設定しています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学が定める所定の期間在学し、学部の教育理念・教育目標を踏まえて設定された学科・各専攻のカリキュラムにおいて所定の単位を習得し、教育目標を達成できたと判断される者に、学士(健康科学)の学位を授与します。

  1. 地域社会において指導的役割を果たせるよう、その基礎となる国際的視野とコミュニケーション能力を身につけていること。
  2. 保健・医療・福祉分野に共通する基本的知識と技術を身につけ、各専攻を超えた幅広い分野において健康に関する理論・技術・プログラム・教育ならびに実践力を開発できる能力を持ち合わせていること。
  3. 専門職業人としての学位授与の方針については各専攻により別途定められており、将来、保健・医療・福祉などの各分野で人々の健康を総合的に支える専門職業人として意欲的に取り組むことができると認められること。