本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

會田 みゆき

Miyuki AIDA

101168

氏名 會田 みゆき
Miyuki AIDA
学科・研究科 看護学科
職名 准教授
学位 修士 (保健学) / MHSc
専門分野 成人看護学
E-mail aida-miyuki“at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・慢性期看護
・糖尿病看護
・セルフケア教育・健康教育

研究テーマ

1. 生活習慣改善のための健康教育に関する研究
2. 糖尿病一次および二次予防に関する研究
3. 在宅でのQOD(Quality of Death)を支える地域包括ケアの在り方に関する研究
4. 看護基礎教育における災害看護教育方法に関する研究

教育分野(担当科目)

学部
  成人看護学Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、臨床実践看護、成人看護学実習Ⅱ・Ⅲ、総合実習、卒業研究、ヒューマンケア体験実習
 
 主に、慢性期看護に関する講義・演習・実習を担当しています。学んだ知識を統合し、実践に活かせるよう教授方法を工夫しています。

自己PR

 内科系病棟での臨床経験から、病気とともに生きる過程を支援していく重要性を感じ、慢性期看護に関心を持ちました。特に健康および療養の行動変容、行動継続に着目し、セルフケア支援を追究しています。

受験者へのメッセージ

 看護はいろいろな人と出会い、成長でき、生涯学び続けられる学問です。看護に興味・関心のある方、看護の奥深さ、楽しさを共有しましょう。

最近の研究内容

メタボリックシンドロームが関与する生活習慣病を予防するためのセルフケア支援の研究に取り組ん
でいます。特に、食生活、身体活動における生活習慣の改善および継続を支援するための教育的介入のあ
り方について検討しています。生活習慣病は、40歳代の壮年期以降に発症し進行してしまう傾向にある
ため、予防的観点から壮年期以前にある人々を対象とした健康教育に注目しています。また、生活習慣病
の中でも増加が著しい糖尿病の一次予防のためのセルフケア行動や二次予防のための療養におけるセル
フケア行動の支援についても研究しています。
・勤労男性に対する身体活動促進を目指した行動化への支援に関する研究
・大学生の健康度および生活習慣に関する研究
・糖尿病予防のための肥満者における運動の習慣化に関する研究

研究業績(外部サイト)


2022-2023研究・地域活動シーズ


2021年度教育研究等業績
2020年度教育研究等業績
2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績
平成28年度教育研究等業績
平成27年度教育研究等業績