本文へスキップします。

【参】メインイメージ(博士前期課程)
メインイメージ
 
更新日:2017年12月11日
H1

保健医療福祉学研究科博士前期課程

リンク
リカレント教育に軸足を置いた大学院
博士前期課程メインの画像
博士前期課程メイン2の画像 博士前期課程メイン3の画像

リカレント教育に軸足を置いた大学院

より一層複雑化・多様化する保健医療福祉への県民ニーズに対応するためには、特定の分野において高度な専門性を持ちながら、適切な保健医療福祉サービスを統合して提供できる人材が必要となっています。
埼玉県立大学大学院では、2年間の博士前期課程において、このような質の高い高度専門職業人、具体的には右のような人材を育成していきます。 そのためには、保健医療福祉関係の実務経験や現場で培った問題意識を活用することがきわめて有効と考えられるので、本学大学院の基本コンセプトを「リカレント教育に軸足を置いた大学院」としています。

博士前期課程イメージの画像

  • 保健医療福祉の研究に不可欠で、かつ、大学の「連携と統合」の教育に基づく科目を必修科目に配置
  • 保健医療福祉現場における指導的役割を担える人材育成を想定した「統括科目」及び高度専門的知識・技術修得の基盤としての「支持科目」を選択科目に配置

博士前期課程イメージ2の画像

  • 各専修において、学部教育を基礎とする、より高度で専門的な知識・技術を修得するための科目を配置
  • 基盤科学群及び応用・実践科学群からなる講義科目群に加え、更に理解を深めるための演習、論文作成を行うための特別研究を配置
3つの専修紹介

3つの専修紹介

看護学専修

カリキュラム

人間の尊厳を尊重して、保健・医療・福祉等の多職種と連携しながら、的確に対応できる実践力をもった高度な看護専門職者の育成を目指します。具体的には、看護実践の基盤である看護基盤科学、卓越した看護実践を理解するための看護実践科学、専門分野別の看護学演習と特別研究での学びを通して、実践と理論を関連させながら、科学的根拠に基づいた質の高い看護サービスを提供できる実践的能力と問題解決能力を養います。選択により、小児看護学・母性看護学・精神看護学の分野で、専門看護師教育課程(CNS)の資格取得を目指すことができます。

リハビリテーション学専修

カリキュラム

本学大学院の教育研究上の目的に基づき保健・医療・福祉における幅広い知識・実践力・マネジメント能力の育成に加え、科学的理論に基づく仮説検証能力や研究能力を備えたリハビリテーションの実践の場で活躍するリーダー教育に主眼をおいています。具体的には、リハビリテーション科学の諸相である運動解析・障害分析系、障害予防系、身体機能回復支援系、機能適用支援系、生活環境支援系などの各領域における理論と実践の基盤である、組織学から運動生理学、身体運動学、生体力学、生体工学、精神心理学、行動科学までの広範な基礎的研究手法を学ぶことにより、科学的根拠に基づいたリハビリテーション介入の知識と実践能力、応用能力を養います。

健康福祉科学専修

カリキュラム

健康及び福祉に関するニーズは高度化・複雑化・多様化しており、各分野の専門家はその専門性を高めると共に、互いに連携して問題解決にあたることが求められています。そのため本専修では、各分野における高度な知識や技術に精通すると共に、近接する他分野の専門職と連携しつつ、科学的根拠に基づいて問題解決にあたることのできる人材の育成を目指します。具体的には、共通科目を通じて保健医療福祉の共通基盤及び他職種との連携を学ぶと共に、健康福祉基礎科学で科学的な思考能力を開発し、健康行動実践学、社会福祉実践学及び検査技術実践学の追求を通して各専門分野の高度な技術や知識を身につけることにより、包括的な支援能力や高度な課題解決能力を養います。

社会人が学びやすい環境の整備についての画像

社会人が学びやすい環境の整備について

本学大学院では、長期履修学生制度、平日夜間・土曜日開講、サテライトキャンパス、教育訓練給付制度など、社会人の大学院生が学びやすい教育研究環境を整備しています。

大学院の3つの方針(ポリシー)の画像

大学院の3つの方針(ポリシー)

アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーをご覧いただけます。

研究科長からのメッセージ

保健医療福祉学研究科長 髙栁 清美 教授の画像

知的好奇心を具現化 - ヒトや社会に貢献する

保健医療福祉学研究科長 髙栁 清美 教授

本学は保健医療福祉領域に特化した大学院です。地域住民・国民が必要とする健康を維持し高めるという社会的課題に応えられる、高度な知識を有する専門職業人、教育者、研究者を育成しています。各専門領域において研究・開発された知見や地域住民の保健に資する支援技術や理論・システムの開発を学修させ、さらに保健医療福祉の他領域の研究支援の体制を取り、基礎・応用・開発研究の成果を広く国内外に発信させています。

博士前期課程の教員紹介

在校生メッセージ

在校生メッセージ

在校生メッセージの画像1

平日の日中は急性期病院で作業療法士として勤務。
臨床業務と研究を同時に行い、さらに深い学びを実感。

上田 宏明 リハビリテーション学専修 1年

私が大学院を選ぶときに最も重要だったのは、「臨床業務を行いながら学ぶことができる環境であるかどうか」ということです。現在、急性期病院で作業療法士として勤務しています。平日は毎日業務があるので、平日の昼間に講義があると業務を休んで通学しなければなりません。しかし、本学の大学院では長期履修制度を設けていて、平日の夜や土曜日に授業を開講したり、サテライト授業を行っていたり、社会人でも入学しやすい環境が整っているので、とても魅力に感じました。

詳しくはこちら

博士前期課程Topics

博士前期課程 Topics

    ただいま、表示するトピックスはありません。

大学院設置に係る資料

平成21年4月に開設された大学院の設置認可書類や設置計画履行状況報告書などをご覧いただけます。