本文へスキップします。

【参】メインイメージ(共通教育科(全学教育への取り組み))
メインイメージ
 
更新日:2018年04月02日
H1

共通教育科

リンク
共通教育科(全学教育への取り組み)
共通教育科(全学教育への取り組み)メインの画像
共通教育科(全学教育への取り組み)メイン2の画像共通教育科(全学教育への取り組み)メイン3の画像

埼玉県立大学では、5つの学科の他に「共通教育科」が設置されています。共通教育科には学生は所属しませんが、全学科専攻の学生を対象とした教育の中軸を担っています。リベラルアーツの教育、保健医療福祉の基盤となる専門教育、教員養成教育、卒業研究指導等を担っています。研究面においても、様々な専門分野における研究を幅広く進めており、本学の学際的研究をリードしています。
教員の専門領域は、
(1)教養科目(自然科学、人文・社会科学、英語教育学)
(2) 専門基礎科目(基礎医学、臨床医学)
(3)教職関連科目(教職関連科学、学校教育実践学)
で構成されています。カリキュラム上の教養科目、各学科専門科目の基盤となる医学系科目、教員免許取得に関わる教職関連科目の教育を担当し、学士課程全体の教育において、中心的な役割を果たしています。

学科長からのメッセージ

共通教育科長 東 宏行 教授

大学で学ぶことの魅力

共通教育科長 東 宏行 教授

大学で学ぶことの魅力には、専門分野の最新の知見を学び、学士や専門職資格を取得できる、という以外にも沢山あります。自分の専門分野だけでなく、他分野の知識や考え方も学び、他学科専攻の仲間とも刺激し合えます。幅広い教養を学び、答えのない問いにチャレンジすることもできます。共通教育科は、全学科専攻の学生と向き合い、総合的な学びの要となって、皆さんをサポートします。

教員紹介一覧へ

共通教育科(全学教育への取り組み)の画像

本学のカリキュラムは「共通科目」と「専門科目」から構成され、さらに共通科目は「教養科目」「初年次科目」「保健医療福祉科目」に、専門科目は「専門導入科目」「専門基礎科目」「専門科目」にそれぞれ分類されます。

教職関連科目

教職関連科目

教育職員免許状(教員免許状)は、以下の学科専攻で取得可能です。学科専攻によって取得できる免許状の種類も異なっています。

学科・専攻 取得できる教員免許状の種類
看護学科 養護教諭一種免許状(申請予定)(※)
健康開発学科
健康行動科学専攻
養護教諭一種免許状(申請予定)(※)
健康開発学科
口腔保健科学専攻
養護教諭一種免許状(申請予定)(※)

※   ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
   なお、3年次編入の学生は取得できません。
注   健康行動科学専攻においては、平成31年度以降の入学生から、中学・高校教諭一種免許状(保健体育)及び健康運動指導士については取得できません。3年次編入学生についても同様です。

教員免許状取得のための申請は大学で一括して行います。この他、個人申請になりますが、看護学科を卒業し保健師資格を取得した場合は、養護教諭二種免許状の申請が可能になります。
教員免許は、本学で開講している所定の科目の単位を修得することで取得できます。大きく分けると1)所定の教養科目、2)教職に関する科目(教育実習・養護実習を含みます)、3)教科に関する科目または養護に関する科目、に分かれています。中高教諭免許状の場合は、この他に「介護等体験」が必要になります。
このうち、2)教職に関する科目は、卒業認定単位に含まれません。1)は教養科目の中から、3)は各学科専攻の専門科目の中から所定の科目を履修します。
本学を卒業した先輩たちは、多くの小中学校、高等学校で教諭、養護教諭として活躍しています。保健医療福祉系のスペシャリストでありながら、子どもの成長発達に携わる教育の専門家として期待され、高い評価を受けています。
※本学で取得可能な資格・免許の一覧は、「学科別取得できる資格」のページをご参照ください。

学科別取得できる資格

共通教育学科Topics

共通教育学科 Topics

    ただいま、表示するトピックスはありません。