本文へスキップします。

【参】メインイメージ(作業療法学科)
メインイメージ
H1

保健医療福祉学部作業療法学科

リンク
作業療法学科
作業療法学科メインの画像
作業療法学科メイン2の画像作業療法学科メイン3の画像

生活を科学するエキスパート

作業療法士は、からだやこころの不調などによって毎日の生活に困難を感じているあらゆる人に関わり、子どもから大人まで、それぞれの生活の場でその人らしい生き方ができるように支援します。本学では1年次より毎年、臨地実習の機会を設けながら、医学的知識や作業療法に必要な専門知識・技術を講義や学内実習、eラーニングなどで学びます。特に4年次には様々な分野の病院や施設で、実践的な作業療法を経験します。さらに、国内・外で活躍する作業療法士を招き、新しい作業療法の可能性を学び展開できる場を提供しています。作業療法士の仕事は、病院における急性期・回復期から、施設や地域・在宅における生活期のリハビリテーション活動まで幅広い対応が必要になります。そのため、科学的、分析的な思考能力と創造性及び柔軟性を養い、生活を科学するエキスパートとして問題を解決できる能力と行動力及び国際的な視野を備えた作業療法士を育成します。

作業療法学科イメージの画像

作業療法学科では、人間を身体的・精神的・社会的側面から総合的に理解する専門的な思考法を身に付け、卒業後も各領域と協働して作業療法を実践し、主体的に科学的・創造的探究を継続できる基本的な能力を備えた人を育成します。

作業療法学科イメージ2の画像

そのため、作業療法の基本として「作業療法の基礎」「作業療法の評価」の科目を主に2年次に、「作業療法の適応と実践」「地域の作業療法」の科目を3年次に、「臨地実習」の科目を2 ~ 4 年次に配置し、世界作業療法士連盟(WFOT) の認定校として登録されています。

カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーの画像

カリキュラム・ポリシー、
ディプロマ・ポリシー

作業療法学科のカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)とディプロマポリシー(学位授与の方針)をご覧いただけます。

カリキュラムの画像

カリキュラム

カリキュラムの概要をご覧いただけます。

内定状況

就職情報

2017年度の就職情報をご覧いただけます。

学科長からのメッセージ

作業療法学科 学科長 川俣 実 教授

誰もがしている「作業」に学び
人々の生活を支える人になる

作業療法学科 学科長 川俣 実 教授

作業療法学は、誰もがしている「作業」(生活上の行為)の理解と、作業に焦点を当てた支援を深める学問です。皆さんには、すべての世代の人々の「作業」の課題について、人々の価値観を重んじ、「作業」を客観的かつ批判的な思考を通して理解し、関係者と連携を図りながら、作業療法の専門的な知識と技術を活かし、創造的に解決できる力の獲得を期待しています。授業では、外部協力者との意見交換,他学科学生や他大学学生とのグループ活動などの機会や、動画やe-ラーニングの教材によって、能動的・主体的に学ぶ機会を設けます。私たちは、皆さんの意思を尊重し人間的成長を見守っていきます。

教員紹介一覧へ

取得可能な資格・免許

取得可能な資格・免許

学科・専攻 資格・免許名 取得要件
作業療法学科 作業療法士国家試験の受験資格 卒業要件
合格率

合格率

2019年度 作業療法士国家試験合格率

97.3%(全国新卒合格率94.2%)

在校生・卒業生メッセージ

在校生・卒業生メッセージ

在校生・卒業生メッセージの画像1

他科の生徒とチームを組んで、他職種連携をリアルに学習。
授業もプライベートも、全力投球しています!

榎並 歩実 2年(取材当時)

4歳の頃、股関節に病気があって、車椅子の生活を送っていました。一時期は「このまま歩けないのではないか」という不安もありましたが、その後病状が回復し、リハビリを受けられるまでになりました。そのとき、担当してくれたリハビリ療法士の先生がとても親切で、注意散漫になりがちな幼い私を上手にリードして、楽しいリハビリをさせてくれました。この道を目指したのは、そのときの経験がきっかけです。

詳しくはこちら

在校生・卒業生メッセージの画像2

今でも、講義中の先生の言葉を思い出し患者さんとリハビリを行っています。

大島 千尋さん
医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター勤務 作業療法士
平成29年 作業療法学科卒業

祖母が突然の入院をした時、それまで入院経験もなく、何もかも不安でいっぱいな祖母や私たち家族に対し、非常に親身になって寄り添い、支え続けてくれたのが作業療法士の方でした。この出会いから、リハビリは身体面はもちろん、精神面でのサポートも大切にしていく仕事なのだと学ぶと同時に、私自身もそうした姿勢を忘れない作業療法士となり、患者さんやご家族の力になりたいと強く感じたのがこの仕事を志すきっかけとなりました。

詳しくはこちら