本文へスキップします。

【参】メインイメージ(組織・沿革)
メインイメージ
 
更新日:2018年10月26日
H1

組織・沿革

リンク
組織
沿革:タブ

沿革

平成 5年 5月 県立看護・福祉系大学(仮称)基本構想検討委員会設置
(同年9月基本構想案を知事へ報告)
平成 5年12月 県立看護・福祉系大学(仮称)基本構想策定
平成 6年 2月 大学設置予定地を越谷市三野宮地区と決定
平成 6年 4月 衛生部内に看護福祉系大学設立準備室を設置
平成 6年 8月 県立看護福祉系大学(仮称)基本計画策定
平成 7年 5月 設計候補者を建築設計協議方式により決定
平成 7年11月 県立看護福祉系大学(仮称)建築工事基本設計策定
平成 8年 9月 文部省大学設置事務室との事前協議開始
平成 8年10月 県立看護福祉系大学(仮称)建築工事実施設計策定
平成 9年 7月 本体建築工事契約締結、着工(工期11年1月まで)
平成10年 4月 文部省へ設置認可申請書提出
平成10年 9月 大学設置・学校法人審議会実地審査
平成10年12月 大学設置・学校法人審議会答申及び設置認可
平成11年 4月 埼玉県立大学開学
北川定謙 学長就任
平成13年 6月 埼玉県立大学基本問題検討委員会設立
平成13年11月 埼玉県立大学の新たなあり方検討委員会設立
平成14年10月 大学と短期大学部の統合・再編検討委員会設立
平成14年11月 埼玉県立大学の新たなあり方検討委員会報告書作成
平成15年 4月 柳川洋 学長就任
教育研修センター設立
平成16年 4月 埼玉県立大学と埼玉県立大学短期大学部統合・再編実施計画策定
平成18年 4月 埼玉県立大学と埼玉県立大学短期大学部を統合・再編
健康開発学科設置
平成19年 4月 佐藤進 学長就任
平成21年 4月 大学院保健医療福祉学研究科設置
大学院サテライトキャンパスを設置(さいたま市浦和区)
平成22年 4月 設置者変更(公立大学法人埼玉県立大学)
利根忠博 理事長就任
平成23年 4月 三浦宜彦 学長就任
平成26年 4月 江利川毅 理事長就任
社会福祉学科を社会福祉子ども学科へ改組
平成27年 4月 保健医療福祉学研究科(博士後期課程)を設置
修士課程を博士前期課程と改称
平成27年 9月 基本理念を制定
平成28年 4月 研究開発センター設立
平成28年11月 大学歌を制定
平成29年 4月 萱場一則 学長就任
大学院サテライトキャンパス移転(さいたま市中央区)
平成30年 4月 田中滋 理事長就任

大学の概要(PDF)

大学の概要(pdf 875KB)

昭和48年 3月 48年度当初予算で調査費1,000千円計上
昭和48年 9月 埼玉県中期計画で昭和50年4月を目途に埼玉県立衛生短期大学の設立を決定
昭和48年10月 48年9月補正予算で本館設計委託料17,617千円計上
昭和48年11月 埼玉県立衛生短期大学設立準備委員会発足
昭和49年 3月 49年度当初予算に建築費など1,233,086千円計上
埼玉県立衛生短期大学条例を公布
昭和49年 5月 衛生短期大学準備室を設置
昭和50年 1月 埼玉県立衛生短期大学の設置について文部大臣認可
昭和50年 4月 埼玉県立衛生短期大学を設置
加藤 敏忠 学長就任
第一看護科及び第二看護科が、保健婦助産婦看護婦法第21条第1号に規定する学校として文部大臣指定
衛生技術科が、臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律第15条第1号に規定する学校として文部大臣指定
第1回入学式挙行
昭和50年 6月 開学式挙行
昭和52年 7月 体育館兼講堂竣工
昭和54年 3月 看護実習センター竣工
昭和55年11月 附属図書館竣工
昭和56年 1月 松岡 敬一郎 学長事務取扱就任
埼玉県立衛生短期大学の学科増設について文部大臣認可
埼玉県立衛生短期大学の専攻科設置届を文部大臣受理
昭和56年 3月 埼玉県立衛生短期大学条例の一部を改正する条例(学科増設、専攻科設置及び第一看護学科入学定員増)を公布
昭和56年 4月 「科」を「学科」に名称変更
歯科衛生学科及び保育学科を増設並びに地域看護学専攻
及び助産学専攻を設置
歯科衛生学科を歯科衛生士法第12条第1号に規定する学校として文部大臣が指定
保育学科を児童福祉法施行令第13条第1項第1号に規定する学校として厚生大臣が指定
専攻科地域看護学専攻を保健婦助産婦看護婦法第19条第1号、助産学専攻を同法第20条第1号に規定する学校として文部大臣が指定
第一看護学科の入学定員変更(40人→80人)
昭和57年 7月 橋本 正己 学長就任
昭和61年 7月 村松 稔 学長就任
昭和63年10月 小野寺 伸夫 学長就任
平成 3年 3月 大学会館竣工
平成 4年 4月 専攻科地域看護学専攻、助産学専攻を学位規則第6条に規定する専攻科として学位授与機構が認定
平成 4年10月 小野寺 伸夫 学長再就任
平成 5年 4月 学校週5日制に移行
平成 5年 6月 社会人入学制度を導入
平成 6年10月 方波見重兵衛学長就任
平成 7年 6月 創立20周年記念式典挙行
平成10年10月 方波見 重兵衛 学長再就任
平成11年 4月 越谷市三野宮地区に移転(埼玉県立大学に併設)、埼玉県立大学短期大学部に名称変更
北川 定謙 学長就任
保育学科の入学定員変更(60人→30人)
平成14年 3月 専攻科地域看護学専攻廃止
平成15年 4月 柳川 洋 学長就任
教育研修センター設立
平成18年 3月 第二看護学科の閉科
平成19年 3月 歯科衛生学科・保育学科の閉科
平成19年 4月 佐藤 進 学長就任
平成20年 3月 埼玉県立大学短期大学部閉学