本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

辻 玲子

Reiko TSUJI

101225

氏名 辻 玲子
Reiko TSUJI
学科・研究科 看護学科/大学院研究科
職名 准教授
学位 修士 (看護学) / M.S.
専門分野 老年看護学
E-mail tsuji-reiko “at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・老年看護学(Gerontological Nursing)
・認知症ケア(Dementia Care)

研究テーマ

1. 外来看護における高齢者虐待徴候発見と対応のプロトコール開発
2. 認知症ケアにおける多職種参加型事例会の試みと評価
3. 急性期医療を担う地域中核病院における認知症高齢者の長期療養を支援する多職種連携
4. 看護学生と地域高齢者との世代間交流がもたらした効果
5. 都市型診療所における看護師のコンピテンシーとその構造化

教育分野(担当科目)

学部
 老年看護学実習Ⅰ、老年看護学Ⅱ、老年看護学Ⅲ、老年看護学実習Ⅱ、総合実習、IPW実習、認知症看護、卒業研究
 
 1年生から4年生まで老年看護に関する科目を担当しています。特に、科目責任者をしている老年看護学実習Ⅰは、2年生のはじめに2日間老人福祉センターで行う実習で、地域に住む元気な高齢者の方々と接し、加齢による身体・精神の変化や実際の生活、価値観を知るよい機会となります。

自己PR

 日本認知症ケア学会に所属し、多職種全員参加型「メモなし・壁なし・だんまりなし」事例検討会を埼玉県・茨城県・栃木県などで年に2~3回企画・開催しています。現場で認知症ケアに携わる人達が、事例検討会を通して新たな事例の見方や参加者の職場活性化につなげられるようサポートしています。

受験者へのメッセージ

 看護の役割は、地域の高齢者はもちろん、あらゆる世代や健康状態の人、認知症の人の「いのち・暮らし・尊厳をまもり支える」ことです。命に携わる仕事ですので責任も伴いますが、みんなが居心地のよい環境で気持ちよく最期まですごせるようにするやりがいは大きいです。ぜひ一緒に勉強しましょう。

最近の研究内容

「外来看護における高齢者虐待徴候発見と対応のプロトコール開発」
 病院外来看護師の高齢者虐待徴候の把握を出発点とした、病院内外の多職種・多機関との連携した対応のプロトコールを開発するため、病院内外の多職種に面接調査を行い、外来・病院看護師との連携の実際と連携時に求めていることを明らかにし、それをまとめプロトコールを作成し、実際に病院外来看護師に試行しようとしています。
 
<面接調査対象>
病院内  
外来看護師、外来師長、退院調整看護師、医療ソーシャルワーカー、認知症看護認定看護師
病院外
訪問看護師、地域包括支援センター職員(看護師、社会福祉士、主任介護支援専門員)
 
研究業績(外部サイト)

2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績  
平成28年度教育研究等業績
平成27年度教育研究等業績