本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

森田 牧子

Makiko MORITA

101260

氏名 森田 牧子
Makiko MORITA
学科・研究科 看護学科/大学院研究科
職名 准教授
学位 博士 (看護学) / M.S.
専門分野 精神看護学
E-mail morita-makiko ”at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・ 精神看護学
・ 産業保健
・ 精神科訪問看護

研究テーマ

1. 精神科訪問看護師が捉える利用者の再発サインに関する研究
2. 在宅精神障がい者の家族による支援状態に関する研究
3. 障がい者虐待に関する研究
4. 職場のメンタルへルスに関する研究

教育分野(担当科目)

学部
 精神看護学Ⅰ、精神看護学Ⅱ、メンタルヘルス論、精神看護学実習
 
 精神看護学Ⅰ、Ⅱでは地域における精神看護を担当しています。地域で精神障がい者がどのような生活を送っているのか、どのような社会資源を活用しているのか、実例を基に理解を深めます。メンタルヘルス論では働く場でどのような精神疾患が生じ、医療職が支援しているかを学びます。

自己PR

 精神看護は私たちの身近にある看護です。でも、いがいと皆さんが気づいていない看護領域でもあるため、経験や様々な科学の知見から精神看護を理解してもらえるように説明しています。また、看護研究は実践研究であると思います。現場に役立てるような研究を心がけています。

受験者へのメッセージ

 看護師を目指して頑張っている皆さん、色々な経験をしましょう。勉強、部活、バイト、趣味などすべての経験があなたの看護に生かされます。身体とこころのケアができる看護師になるために、看護学を一緒に学びましょう!

最近の研究内容

 訪問看護師が支援する在宅精神障害者介護の質評価プログラムの構築に取り組んでいます。具体的なテーマは以下の通りです。
1. 虐待リスクにある支援状態において訪問看護師が抱く困難感
2. 訪問看護師が評価する在宅精神障がい者の家族による支援状態評価尺度
3. 訪問看護師による利用者の危機状態介入プログラムの構築
  
研究業績(外部サイト)

2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績 
平成28年度教育研究等業績