本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

齋藤 恵子

Keiko SAITO

101320

氏名 齋藤 恵子
Keiko SAITO
学科・研究科 看護学科/大学院研究科
職名 准教授
学位 博士(健康科学) / Ph.D. 
専門分野 助産学・母性看護学・国際看護学
E-mail saito-keiko “at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・助産学
・母性看護学
・国際看護学

研究テーマ

1. 異文化背景を持つ女性の妊娠・出産に関する文化に配慮した看護支援
2. 途上国において家族により提供される介護と看護師の役割
3. 若者の性の健康に関する研究

教育分野(担当科目)

学部
  リプロダクティブヘルスと看護、母性看護学Ⅱ(女性と家族)、母性看護学Ⅲ(周産期)、母性看護学実習、周産期のケア、分娩期のケア、助産学実習Ⅱ、グローバルヘルス、IPW実習

大学院 博士前期課程
  リプロダクティブヘルス論、看護学演習(リプロダクティブヘルス)、看護学特別研究、在宅看護学特論
 

自己PR

 日本在住の異文化背景を持つ女性の妊娠・出産に関する文化に配慮した看護支援について検討したいと考えています。また、中学生・高校生への性教育実践活動を通して若者の性の健康支援に取り組んでいます。

受験者へのメッセージ

 母性看護学・助産学領域では女性の妊娠・出産・産後のサポートとケア、性と生殖に関する健康支援に関する授業、実習を担当しています。是非、一緒に学びませんか。

最近の研究内容

 日本在住のラオス人女性の妊娠・出産・産後における母国の伝統的プラクティスの認識と日本の産科医療施設の対応についての研究に取り組んでいます。
 
研究業績(外部サイト)


2022-2023研究・地域活動シーズ


2021年度教育研究等業績
2020年度教育研究等業績
2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績
平成28年度教育研究等業績
平成27年度教育研究等業績
 
母性看護学・助産学領域ホームページ(外部サイト)