本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

東原 亜希子

Akiko HIGASHIHARA

101328

氏名 東原 亜希子
Akiko HIGASHIHARA
学科・研究科 看護学科
職名 准教授 
学位 博士 (看護学) / Ph.D.
専門分野 助産学・母性看護学
E-mail higashihara-akiko “at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・母性看護学 (Maternal Nursing & Women’s health)
・助産学 (Midwifery)

研究テーマ

・骨盤位となる関連因子、および骨盤位に対する灸治療
・看護学と代替医療の融合
・エビデンスに基づく助産ケア
・女性のための運動支援

教育分野(担当科目)

学部
 母性看護学Ⅲ・周産期のケア・分娩期のケア・母性看護学実習・助産学実習Ⅱ・総合実習・IPW実習
 
 母性看護学と助産系履修学生のための科目、演習、実習を主に担当しています。

自己PR

 臨床・海外活動・運動指導経験を生かし、多角的な視点から研究や教育、実践活動をしています。特に妊婦や母子への運動クラスに長年携わっています。また、看護学の代替医療との協働に関心を持っており、予防的視点から妊婦のセルフケアに関する研究に取り組んでいます。

受験者へのメッセージ

 母子とその家族が持つ本来の力を導くお手伝いをする興味深い分野です。命の誕生の瞬間を一緒に感動しましょう!

最近の研究内容

 自分自身が妊娠中に胎児が逆子(骨盤位)になり悩んだ経験から、骨盤位に対する灸の研究を行っています。具体的なテーマについては以下になります。
1. 鍼灸治療を受けた骨盤位の転帰と胎動の変化
2. 鍼灸治療を選んだ逆子妊婦の思い
3. 妊娠28週以降の骨盤位の頻度と自然回転率
4. 骨盤位の妊婦が実施する灸の頭位変換への影響 
 
研究実績(外部サイト)


2022-2023研究・地域活動シーズ


2021年度教育研究等業績
2020年度教育研究等業績
2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績
平成28年度教育研究等業績


母性看護学・助産学領域ホームページ(外部サイト)