本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

延原 弘章

Hiroaki NOBUHARA

601120

氏名 延原 弘章
Hiroaki NOBUHARA
学科・研究科 健康開発学科 健康行動科学専攻/大学院研究科
職名 教授
学位 保健学博士・博士 (医学) / Ph.D.
専門分野 保健統計・疫学
E-mail nobuhara-hiroaki “at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・保健統計(Health Statistics)
・疫学(Epidemiology)

研究テーマ

1.生活習慣と健康に関する研究
2.特定健診と医療費に関する研究
3.健康情報に関する研究

教育分野(担当科目)

担当科目
【学部】健康科学Ⅳ(保健福祉統計)、健康科学Ⅴ(疫学)など
【大学院】保健医療福祉研究法特論、保健福祉評価論、健康科学実証研究法特論、健康長寿福祉論
 
保健統計や疫学など、健康に関する調査などを通じて、実証的な研究を行う上での方法論的な部分を担当しています。

自己PR

 学生時代は主として実験的な研究を行っていましたが、大学院修了後は調査や行政データを使った健康に関する研究にシフトしてきました。研究対象は生活習慣病関連が多いですが、もともとの所属は母子保健学講座なので、本当は母子保健関連の研究がしたいのですが。

受験者へのメッセージ

 疫学は人の健康に関する直接的な証拠を得るための研究デザインを提供し、統計学は正しい研究デザインで収集されたデータを分析するための方法論を提供する、どちらも科学的な実証研究を行う上で基礎となる学問です。今の時代、パソコンで色々な分析ができます。とにかく習うより慣れろで、色々なデータを使って分析してみることをお勧めします。

原因不明の病気を予防する疫学(外部サイト)

最近の研究内容

 少し前までは国内におけるインフルエンザワクチンの使用量の推定と予測に関する研究をしていましたが、使用状況に変化がなくなったので現在は終了しました。最近は、本学の坂井教授を中心に行っている「健康とライフスタイルに関する国際比較共同研究」の中で、ハワイの人たちを対象に生活習慣と健康に関する調査をさせていただきました。同じ内容の調査を国内でも実施しているため、様々な比較研究を進めていきたいと考えています。
 
研究業績(外部サイト)

2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績
平成28年度教育研究等業績
平成27年度教育研究等業績