本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

村井 美代

Miyo MURAI

701130

氏名 村井 美代
Miyo MURAI
学科・研究科 健康開発学科 検査技術科学専攻/大学院研究科
職名 准教授
学位 博士 (医学) /Ph. D.
専門分野 細菌学・細菌遺伝学
E-mail murai-miyo “at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

細菌学(Bacteriology)
細菌遺伝学(Bacterial Genetics)

研究テーマ

・黄色ブドウ球菌のファイブロネクチン結合タンパクの多型を利用した新規DNA型別法FnSTの開発
(Development of DNA-typing method using polymorphism in fibronectin-binding protein genes of Staphylococcus aureus)
・黄色ブドウ球菌の咽頭保菌に関わる要因の探索
(Search for the influence factors in the pharyngeal carriage of Staphylococcus aureus)

教育分野(担当科目)

分子細胞生物学、微生物学、微生物学実習、臨床微生物学Ⅰ・Ⅱ、臨床微生物学実習、
医療安全管理学,遺伝子染色体検査学実習、微生物遺伝学実習、細胞研究法
 
  感染症の確定診断に直結する病原体同定検査および治療薬決定に関わる病原体の薬剤感受性検査を行う分野を担当します。それらの検査に必要な病原体(細菌、真菌、ウイルスなど)に関する知識を講義し、実習では感染の危険性がある病原体を安全に取り扱うための技術である無菌操作を指導します。

自己PR

 病原体の構造や性状は、生化学や細胞生物学、分子生物学的な手法を用いて解明されてきました。近年では感染症を微小な細菌が人体内という環境で謀る生存戦略ととらえ、生態学的なアプローチで研究されています。このような生命科学関連の諸分野の知識を基に、わかりやすい講義を心がけています。

受験者へのメッセージ

 臨床検査学とは、人体から採取・排出された検体を生化学的または形態学的手法で、もしくは体の表面から内部の様子を物理学的手法で、目に見える数値や形にして体の状態を明らかにしていく学域です。人の役に立ちたい!人体の仕組みに興味がある!という方、臨床検査技師を目指してみませんか?

最近の研究内容

 黄色ブドウ球菌は約30~50%の人に常在しており、健康な人には無害ですが、生体防御機能が低下した人には肺炎や心内膜炎、関節炎など重篤な感染症を引き起こす日和見感染症病原体です。医療従事者が保菌者である場合、生体防御能が低下した患者に菌をうつす危険性があります。黄色ブドウ球菌は元々種々の抗菌薬に感受性が高い菌でしたが、現在ではメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)のように有効な薬が限られ治療が難しい多剤耐性菌が、病院内だけでなく市中に蔓延していることが問題視されています。対策として術前の患者や医療従事者を対象にしたMRSA保菌調査を行い、予防に役立てます。
 黄色ブドウ球菌の保菌調査では、通常主な常在部位である鼻腔を調べますが、咽頭保菌も無視できないという報告も多くあります。そこで黄色ブドウ球菌の咽頭保菌の実態を把握するために、学生を対象に鼻腔および咽頭の保菌調査を行っています。さらに、菌株のDNA型別により咽頭に定着しやすい菌系統を探索したり、アンケート調査で咽頭非保菌者の保健行動を調べ除菌法の検討を行ったりしています。


研究業績(外部サイト)

2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績
平成28年度教育研究等業績
平成27年度教育研究等業績