本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

岸井 こずゑ

Kozue KISHII

701147

氏名 岸井 こずゑ
Kozue KISHII
学科・研究科 健康開発学科 検査技術科学専攻/大学院研究科
職名 准教授
学位 博士(医学)/Ph.D.
専門分野 微生物学・臨床微生物学・感染制御学
E-mail kishii-kozue“at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・微生物学(Microbiology)
・臨床微生物学(Clinical Microbiology)
・感染制御学(Infection Control Science)

研究テーマ

1. Acinetobacter属菌のバイオフィルム形成と遺伝子背景の統合的解明
2. Acinetobacter属菌の分類と分子疫学解析および耐性メカニズム解析
3. Stenotrophomonas maltophiliaの分子疫学解析および耐性メカニズム解析

教育分野(担当科目)

担当科目:微生物学、微生物学実習、臨床微生物学Ⅰ・Ⅱ、臨床微生物学実習、微生物遺伝学実習、医療安全管理学

自己PR

   臨床検査技師としての現場経験、および継続的に行っている研究活動を土台に、これらの難しさと楽しさの両面を学生たちに伝えることを念頭に教育活動を行っています。研究は、世界的に問題となっている薬剤耐性菌に関してその分子疫学解析および耐性メカニズム解析を行い、基礎的根拠のある感染症診療に貢献しています。

受験者へのメッセージ

   臨床検査は現代医療を科学的に行うために不可欠な存在です。実践的な知識と技術、さらに科学的思考力を身に着け、様々な方面から臨床検査の発展に貢献できる人材を目指しましょう。

最近の研究内容

Acinetobacter属菌のバイオフィルム形成と遺伝子背景の統合的解明

   Acinetobacter baumanniiは世界的に薬剤耐性株の蔓延が特に危惧されている菌種の1つです。 本邦におけるAcinetobacter属菌の疫学データは不足しており、特にA. baumanniiのバイオフィルム形成については、病原性解明の重要なターゲットであるにもかかわらず明らかにされていません。
   本研究では、臨床分離A. baumanniiを対象にバイオフィルム形成能を測定し、バイオフィルム形成関連遺伝子の保有状況の確認とその発現解析、さらにクオラムセンシングがバイオフィルム形成に与える影響の解明を行っております。この成果が、Acinetobacter属菌の病原性発現機序の解明に大きく貢献し、バイオフィルムをターゲットとした治療の基盤となることを期待しております。

研究業績(外部サイト)


2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績