本文へスキップします。

【参】メインイメージ(博士前期課程)
メインイメージ
 
更新日:2019年08月27日
H1

【看護学専修】カリキュラム

【看護学専修】カリキュラム

看護学専修の教育理念・教育目標

看護学専修では、複雑多様化する社会において生活する人々の健康ニーズに的確に対応し、保健・医療・福祉等の多職種と連携してヘルスプロモーションを発展させる高度専門職業人の育成を目指します。人間の尊厳を重んじ、質の高い看護サービスを提供し、地域住民の健康の維持増進に向けて、施策の評価、保健政策の立案に関与できる人材を育成することで共生社会に貢献します。
具体的には、実践の基盤を為す看護基盤科学と卓越した看護実践を提供するための評価、研究、開発、協同について学ぶ看護実践科学、看護学演習において実践と理論を相互に関連させながら、科学的根拠に基づいて、質の高い看護サービスが提供できる実践的能力及び問題解決能力を養います。
また、本学の基本的理念である連携と統合を基盤に、他職種との協働を推進し、チーム医療に貢献できる能力を養います。
さらにがん看護(新規)・小児看護・精神看護分野(※)の専門看護師(CNS;Certified Nurse Specialist)の資格取得に必要な科目を配置し、CNSを養成します。
修了後は、看護実践の向上・発展に指導的役割が担えること、看護管理職として経営や安全管理に貢献できること、高度専門職業人として複雑な問題を抱える利用者へ熟達したケアが提供でき、包括的なケアマネジメントができることが期待できます。
授与する学位名は、修士(看護学)とし、英語名称はMaster of Nursingです。

38単位。申請中(入試は2019年度に行われます。)。