本文へスキップします。

【参】メインイメージ(博士前期課程)
メインイメージ
 
更新日:2019年08月27日
H1

【リハビリテーション学専修】カリキュラム

【リハビリテーション学専修】カリキュラム

リハビリテーション学専修の教育理念・教育目標

リハビリテーション学専修では、急激な少子高齢化社会を迎え、複雑多様化する健康ニーズに的確に対応する実践力を持った高度専門職業人の育成を目指します。
また、本大学の基本的理念である連携と統合を実践し、保健・医療・福祉における幅広い知識・実践力・マネジメント能力を備えたリーダーとしての総合力の獲得に教育の主眼をおいています。
具体的には、障害・運動解析系、障害予防系、身体機能回復支援系、生活環境支援系、機能適用支援系などの各領域における理学療法・作業療法において、科学的根拠に基づいた介入の知識、実践能力、応用能力を養います。
修了後は、理学療法士・作業療法士が関わるリハビリテーションに関連したあらゆる領域において、利用者の心身の機能や能力を高めるための最先端の知識と技術を有し、組織や機関の管理職として経営や管理に貢献すること、新たな治療法や医療器具・機器を開発することなど、臨床・教育・研究現場のコアとしてリーダーシップを発揮することが期待できます。
授与する学位名は、修士(リハビリテーション学)とし、英語名称はMaster of Rehabilitation Scienceです。