本文へスキップします。

【参】メインイメージ(博士前期課程)
メインイメージ
 
更新日:2020年02月10日
H1

大学院生・修了生の業績

リンク
博士前期課程在校生の業績

博士前期課程在校生の業績

学会発表

2019年度

・山口奈摘美, コレステロールとトリグリセライドの和を染色する新たなリポ蛋白分画法の評価~脂質異常症を対象に~, 第68回日本医学検査学会, 2019年5月17~19日
・成田 大地, 橈骨遠位端骨折術後患者の握力回復の推移, 第53回日本作業療法学会, 2019年9月7日
・山口奈摘美, 酵素法でコレステロールとトリグリセライドの和を染色する全自動リポ蛋白分画の開発, 第59回 日本臨床化学会, 2019年9月27~29日
・峯岸雄基, ヒト末梢神経損傷後の回復過程に類似した坐骨神経圧挫モデルの確立および神経筋接合部の組織学的評価, 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会, 2019年10月
・成田 大地, 橈骨遠位端骨折患者の属性調査 -東京都内2病院における調査結果 第2報-, 第3回JCHO(地域医療機能推進機構)学会, 2019年11月1日
・井波敬三, 美容シザーのパワーアシストによる疲労軽減効果, 日本作業療法研究学会, 2019年12月1日

研究助成採択

2018年度

・成田大地, 橈骨遠位端骨折術後患者に対する振動刺激と映像観察法の治療効果, 日本ハンドセラピィ学会 研究助成金
・庄野仁美, 健常人の走行における足部機能と近位関節との協調性の解明, 日本リハビリテーション振興会研究助成金
・巖崎達矢, 「アミラーゼ活性測定の現状と課題 ― 勧告法と日常法に選択する標準化対応法との相違 ―」, 日本臨床化学会関東支部分科会プロジェクト
・峯岸雄基, 運動介入が末梢神経損傷後の運動終板の可塑性に与える影響, 埼玉県理学療法士会研究助成, 2018年
博士後期課程在校生の業績

博士後期課程在校生の業績

学会発表

2019年度

・平田恵介, 塙大樹, 宮澤拓, 園尾萌香, 久保田圭祐, 藤野努, 国分貴徳, 金村尚彦, 歩行時の連続的外乱に対する適応における動的安定性の必要性, 第24回日本基礎理学療法学術大会, 2019年11月
・Hiroki Hanawa, Keisuke Hirata, Taku Miyazawa, Moeka Sonoo, Keisuke Kubota, Tsutomu Fujino, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Validity of inertial measurement units in assessing segment angles and mechanical energies of elderly persons during sit-to-stand motion, SICE Annual Conference 2019, 2019年9月
・塙大樹,平田恵介,金村尚彦、急性期脳卒中患者の立ち上がり動作における下肢自由度制約と全身筋活動の変化、第37回日本ロボット学会学術講演会、2019年9月
・平田恵介,塙大樹,宮澤拓,園尾萌香,久保田圭祐,藤野努,国分貴徳,金村尚彦, Verification of the adaptive parameters of the relative positions of the leading leg and the whole body at foot contact during split-belt treadmill walking, SICE Annual Conference 2019, 2019年9月
・塙大樹,平田恵介,宮澤拓,園尾萌香,久保田圭祐,藤野努,国分貴徳,金村尚彦、急性期脳卒中患者の立ち上がり動作時筋活動へ下肢自由度制約が及ぼす影響、第13回モーターコントロール研究会、2019年8月
・Hiroki Hanawa, Keisuke Hirata, Taku Miyazawa, Keisuke Kubota, Moeka Sonoo, Tsutomu Fujino, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Relationships between mechanical energy consumption and motor paralysis in sit-to-stand motion of stroke patients, 13th World Congress of International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM), 2019年6月
・平田恵介,塙大樹,宮澤拓,園尾萌香,久保田圭祐,国分貴徳,金村尚彦, Symmetry of hip movement on a split-belt treadmill in post-stroke, 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine, 2019年6月
・Hiroki Hanawa, Keisuke Hirata, Taku Miyazawa, Keisuke Kubota, Moeka Sonoo, Tsutomu Fujino, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Chronic stroke patients compensate loss of rotational joint work by increasing translational joint work during sit-to-stand motion, 29th Annual Meeting of the Society for Neural Control Movement (NCM), 2019年4月
・平田恵介,塙大樹,宮澤拓,園尾萌香,久保田圭祐,国分貴徳,金村尚彦,Difference in gait adaptability in stroke patients due to symmetry of foot contact position: split-belt treadmill adaptation behavior, 29th Annual Meeting of the Society for Neural Control Movement, 2019年4月

2018年度

・Kaichi Ozone, Eccentric contraction-dominant exercise associated with misuse of the body affects onset of enthesopathy., Orthopaedic Research Society, February,2019
・小曽根海知、Enthesopathy発症要因の解明に向けた実験モデルの確立、第6回日本運動器理学療法学会学術大会、2018年12月
・塙大樹, 平田恵介,宮澤拓,久保田圭祐,園尾萌香,松本優佳,庄野仁美,石井貴朗,国分貴徳,金村尚彦、立ち上がり動作初動における体幹屈曲は受動倒立振り子の力学特性を有さない、第23回日本基礎理学療法学会学術大会、2018年12月
・Hiroki Hanawa, Keisuke Hirata, Moeka Sonoo, Taku Miyazawa, Keisuke Kubota, Takashi Watanabe, Kenta Aoki, Yuuki Hamano, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Adaptive control of trunk movement for chronic stroke patients to achieve sit-to-stand, Neuroscience 2018, 2018年11月
・塙大樹,平田恵介,宮澤拓,久保田圭祐,園尾萌香,渡邉孝志,青木健太,濱野祐樹,国分貴徳,金村尚彦、多チャンネル表面筋電図計による共同運動障害の定量分類 ―病期による相違の検出―、第48回日本臨床神経生理学会学術大会、2018年11月
・塙大樹,平田恵介,宮澤拓,久保田圭祐,園尾萌香,国分貴徳,金村尚彦、Loss of mechanical energy efficiency in the sit-to-stand motion of acute stroke patients、生体医工学シンポジウム2018、2018年9月
・塙大樹,平田恵介,国分貴徳,宮澤拓,園尾萌香,久保田圭祐,渡邊孝志,青木健太,濱野祐樹,金村尚彦、慢性期脳卒中患者の立ち上がり動作に特異的な体幹内協調性、第37回関東甲信越ブロック理学療法士学会、2018年9月
・小曽根海知、Enthesis構造は機械的ストレスの増加によって変化する、第37回関東甲信越ブロック理学療法士学会、2018年9月
・Hiroki Hanawa, Moeka Sonoo, Keisuke Hirata, Keisuke Kubota, Taku Miyazawa, Yuka Matsumoto, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Evaluation of kinematic onset for sit-to-stand task in stroke patients, 12th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM), 2018年7月

2017年度

・Kaichi Ozone, Influence of mechanical stress accompanying different muscle contraction mode on Enthesis structure., Orthopaedic Research Society, March,2018
・小曽根海知、異なる筋収縮形態における機械的負荷がEnthesis構造に及ぼす影響について、第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会、2017年9月

学術刊行物

2019年度

・Moeka Sonoo, Hirotaka Iijima, Naohiko Kanemura, Altered sagittal plane kinematics and kinetics during sit-to-stand in individuals with knee osteoarthritis: A systematic review and meta-analysis., Journal of Biomechanics, 2019 November 11
・Hiroki Hanawa, Keisuke Hirata, Taku Miyazawa, Moeka Sonoo, Keisuke Kubota, Tsutomu Fujino, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Validity of inertial measurement units in assessing segment angles and mechanical energies of elderly persons during sit-to-stand motion, 2019 58th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan (SICE), Hiroshima, Japan, 2019年10月
・平田恵介,国分貴徳,宮澤拓,横山光,久保田圭祐,園尾萌香,塙大樹,金村尚彦, Contribution of lower limb joint movement in adapting to re‐establish step length symmetry during split‐belt treadmill walking, Journal of Medical and Biological Engineering, 2019年9月
・平田恵介,塙大樹,宮澤拓,園尾萌香,久保田圭祐,藤野努,国分貴徳,金村尚彦, Verification of the adaptive parameters of the relative positions of the leading leg and the whole body at foot contact during split-belt treadmill walking, Proceedings of SICE Annual Conference 2019, 2019年9月
・齋藤恵子,鈴木幸子,延原弘章,金野倫子,萱場一則, ラオスにおける産後の伝統的プラクティスの日本の産科医療施設での実践可能性 -埼玉県の産科医療施設看護管理者の認識-, 保健医療福祉科学会誌 25(2) 3-17, 2019年8月
・齋藤恵子,萱場一則,鈴木幸子,延原弘章,金野倫子,浅川泰宏, 在日ラオス人女性の母国における産後の伝統的プラクティスに対する認識と実践, 日本健康学会誌 85(4) 129-140, 2019年7月
・平田恵介,塙大樹,宮澤拓,久保田圭祐,園尾萌香,国分貴徳,金村尚彦、Adaptive changes in foot placement for split-belt treadmill walking in individuals with stroke, Journal of Electromyography and Kinesiology、2019年7月
・平田恵介,塙大樹,宮澤拓,久保田圭祐,園尾萌香,国分貴徳,金村尚彦、Influence of arm joint limitation on interlimb coordination during split-belt treadmill, Advanced Biomedical Engineering、2019年6月
・平田恵介,塙大樹,宮澤拓,江連亜弥,久保田圭祐,園尾萌香,藤野努,国分貴徳,金村尚彦, 脳卒中片麻痺者と健常人の split-belt treadmill での歩行適応時における床反力推進成分の変化, 理学療法 -臨床,研究,教育-, 2019年6月
・塙大樹,平田恵介,宮澤拓,渡邊孝志,濱野祐樹,青木健太,国分貴徳,金村尚彦, 慢性期脳卒中患者の立ち上がり動作における腰関節モーメント減少と体幹運動との関連, 理学療法 -臨床,教育,研究-, 2019年5月
・平田恵介,平田友希,国分貴徳, 小児慢性期片麻痺者に対する上肢機能改善の試み, 専門リハビリテーション, 2019年5月
・Hiroki Hanawa, Keisuke Hirata, Taku Miyazawa, Keisuke Kubota, Moeka Sonoo, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Loss of mechanical energy efficiency in the sit-to-stand motion of acute stroke patients, Advanced Biomedical Engineering, 2019年4月

2016年度

・平田恵介,国分貴徳,一寸木洋平,久保田圭祐,園尾萌香,金村尚彦、歩行時におけるArm swing,体幹回旋,及び骨盤回旋の非対称性の傾向とその相互関係に関する検討,並びにArm swingパラメータの検証、理学療法 -臨床,研究,教育-、2017年3月

研究助成採択

2019年度

・小曽根海知, 日本財団 笹川科学研究助成, 筋収縮形態の違いに伴うメカニカルストレスがスポーツ障害発症にどのような影響を及ぼすのか, 2019年4月

2018年度

・小曽根海知, 埼玉県理学療法士研究助成, 筋収縮に伴う力学的ストレスがEnthesis骨層に及ぼす影響, 2018年6月
・塙大樹, 日本学術振興会 特別研究員奨励費, 異常筋シナジーと関節トルクに基づく脳卒中患者立ち上がり動作の適応的制御機構解明, 2018年4月 - 2020年3月
・森下佑里, 前十字靭帯自己治癒に貢献する細胞の探索と検証, 日本理学療法士協会 研究助成金
・髙橋里奈, 肘関節外傷・疾患術後患者に対するバイオフィードバック療法, 日本ハンドセラピィ学会 研究助成金
・平田恵介, 日常的にリハビリテーションを行なっている脳卒中片麻痺患者の日常生活自立度と代償動作量の関係, 公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団助成金
・浅見正人, 地域在住ハンドル形電動車椅子利用者における実態調査, 公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団助成金

その他表彰など

2019年度

・Hiroki Hanawa, Keisuke Hirata, Taku Miyazawa, Moeka Sonoo, Keisuke Kubota, Tsutomu Fujino, Takanori Kokubun, Naohiko Kanemura, Society of Instrument and Control Engineers SICE2019 Annual Conference Poster Presentation Finalist, Validity of inertial measurement units in assessing segment angles and mechanical energies of elderly persons during sit-to-stand motion, 2019年9月
博士前期課程修了生の業績

博士前期課程修了生の業績

2019年度

・篠原純史,急性期病院における自殺未遂者情報の把握に関する実態と地域連携プログラムの改善点の評価,日本臨床救急医学会雑誌 22巻,2019年10月
・林 恭子,変則夜間勤務就労者における短時間睡眠および不眠が尿中蛋白成分に与える影響について,第68回日本医学検査学会,2019年5月

2018年度

・Onitsuka Katsuya,Murata Kenji,Kokubun Takanori,Fujiwara Shuhei,Nakajima Aya,Morishita Yuri,Kanemura Naohiko:Effects of Controlling Abnormal Joint Movement on Expression of MMP13 and TIMP-1 in Osteoarthritis, Cartilage, June 2018 
・藤原秀平:大腿四頭筋筋力低下は変形性膝関節症の発症にどのような影響を及ぼすか~ラットモデルを用いた検証~、第23回日本基礎理学療法学会学術大会、2018年12月、京都テルサ
・西澤 美穂子,久保田 亮,五十嵐 徹,酒井 伸枝,IgA腎症の早期発見を目的とした尿蛋白電気泳動による解析,『生物試料分析』2018 Vol.41 No.3,2018年6月

2017年度

・Mihoko Nishizawa,Ryo Kubota,Toru Igarashi,Nobue Sakai,Urinary protein analysis for early detection of IgA nephropathy,The 29th World Congress of World Association of Societies of Pathology and Laboratory Medicine WASPaLM2017,The 64th Annual Meeting of Japanese Society of Laboratory Medicine,Nov.2017

2016年度

・Mihoko Nishizawa,Ryo Kubota,Toru Igarashi,Nobue Sakai,Urinary protein analysis using cellulose acetate electrophoresis in the case of a negative or (+/-) result of the method of urinary protein test paper,2016 IFBLS ,August,2016
・松下奈緒子:音楽にあわせた指タッピングがストレス軽減に及ぼす効果    ~精神テンポに着目して~、第16回日本音楽療法学会学術大会、2016年9月、仙台国際センター(宮城県)
博士後期課程修了生の業績

博士後期課程修了生の業績

2018年度

・川手菜未:「成人期発達障害者は医療機関に何を求めているのか。~インタビュー調査によるパイロット調査~」、第25回行動医学会総会、2018年12月、徳島大学