本文へスキップします。

H1

教員向け情報ページ

承認:エディタ
承認:エディタ

  新型コロナウィルスCOVID-19感染拡大が続く現状では、本学においても遠隔授業に全面的に移行しなければなりません。
本ページは授業設計に必要な情報を提供することを目的に、総合情報ホームページとして作成されました。

新型コロナウイルス感染症対策に伴うICTを活用したオンライン教育等の取り組みについて(国立情報学研究所)

ICTを活用したオンライン教育等の取り組み、遠隔授業に関する情報が共有できます。
定期的に更新され、各大学の遠隔授業の取り組みを確認できます。
https://www.nii.ac.jp/news/2020/0325.html

遠隔授業(オンライン授業)について(北星学園大学ホームページ)

ICTを活用したオンライン教育等の取り組み、遠隔授業に関する情報が共有できます。
https://cgw.hokusei.ac.jp/ipc/enkaku/

学習支援システム(Webclass)の利用方法について

学習支援システム(Webclass)の利用方法については以下の資料をご参照ください。
  ・Webclass講習会(基本編1).pdf
  ・Webclass講習会(基本編2).pdf

遠隔授業システム(Zoom)の利用方法について

遠隔授業システム(Zoom)の利用方法については以下をご参照ください。

■Microsoft Stream上の掲載資料(動画マニュアル)
下記マニュアルはoffice365の動画配信サービス(Microsoft Stream)に掲載しています。
リンククリック後、画面上の「サインイン」(英語表記の場合もあり)をクリックします。
※直接サインイン要求画面が立ち上がる場合もあります。
office365のメールアドレスとパスワードを入力しサインインすると動画が表示されます。 
 ・Zoomの利用方法について
 ・Zoomミーティングの開催方法について
 ・Webclassへのアップロードについて
 ・ブレイクアウトルームの設定について(音声なし)
 ・録画した動画のセキュリティ(ダウンロード禁止設定、パスワード設定など)について

■Webclass上の掲載資料(動画および文書マニュアル)
※下記マニュアルはWebclass上に掲載しています。
各自Webclassにログイン後、下記コースの「遠隔授業関連資料」教材をご参照ください。
【常勤教員の方】
教務担当関連書類一覧コース-「遠隔授業関連資料」
【非常勤教員の方】
2020年度 非常勤講師用資料コース-「遠隔授業関連資料」

Webclassへのログインはこちら
https://swebclass.spu.ac.jp/

Microsoft Teamsの利用方法について

Microsoft Teamsは、チャット・音声通話・ビデオ会議などができるコミュニケーションツールです。
office365の機能の1つで、本学でも利用することができます。
Zoomとともにご活用ください。
利用方法は以下をご参照ください。

■教員向け利用マニュアル
Teamsには、様々な機能が含まれています。
本学での利用が想定される基本的な機能を説明しています。
Teams利用マニュアル(教職員向け).pdf

その他詳細な利用方法については、下記Microsoft公式サイト内のマニュアルをご参照ください。
・Microsoft Teamsについて(ページ下部にマニュアルが掲載されています)
(https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software)

Microsoft Stream(動画配信サービス)の利用方法について

Microsoft Streamは、office365の機能の1つとして利用できる動画配信サービスです。
本サービスにアップロードした動画に対して、柔軟なアクセス権の付与、ダウンロード禁止・許可指定、
簡単な編集などを行うことができます。
アップロードした動画はWebclassにリンクとして掲載し、共有することも可能です。
利用方法は以下をご参照ください。

■教員向け利用マニュアル
本学での利用が想定される基本的な機能を説明しています。
Stream利用マニュアル(教職員向け).pdf

その他詳細な利用方法については、下記Microsoft公式サイトのマニュアルをご参照ください。
・Microsoft Streamについて
(https://docs.microsoft.com/ja-jp/stream/overview)

著作権に関する情報

今年度(2020年度)に限り、著作権者の許諾なしに無償で利用可能です。
(来年度以降は、有償での認可申請を行う必要があります)

文化庁「授業目的公衆送信補償金制度の早期施行について」
https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/
SARTRAS「授業目的公衆送信補償金制度の補償金の『無償』による認可申請について」
https://sartras.or.jp/)