本文へスキップします。

【参】メインイメージ(図書館(情報センター))
メインイメージ
 
更新日:2017年08月28日
H1

利用資格と利用手続

利用資格と利用手続

当センターを利用できる方

  • 本学の教職員
    利用するときは「教職員証」(または「情報システム利用証」)を携行してください。
  • 本学の学生
    利用するときは「学生証」(または「情報システム利用証」)を携行してください。
  • その他
    • 本学(衛生短期大学を含む)の卒業生
    • 埼玉県内に居住する方
    • 埼玉県内の事業所等に勤務する方
    • 埼玉県内の大学・専門学校等に在学する方
    以下の利用手続を参照してください。

卒業生及び学外者の利用手続

来学前に

  1. 臨時に開館時間を変更したり、休館したりする場合がありますので、電話やホームページなどで事前にお確かめください。
  2. 利用資格を確認できる身分証明書を御用意ください。
    なお、有効期限内の利用証があれば身分証明書は不要です。
    <卒業生・学外者の利用に必要な身分証明書>
    当日限りの閲覧・複写のみの利用の場合 貸出を希望する場合
    継続的な利用を希望する場合
    卒業生 本人であることが確認できる身分証明書 住所が確認できる身分証明書 (運転免許証、保険証など)
    県内在住の方 住所が確認できる身分証明書(運転免許証、保険証など)
    県内在勤の方 勤務先が確認できる身分証明書(職員証、社員証、保険証など)
    *名刺は証明にはなりません。
    • 勤務先が確認できる身分証明書(職員証、社員証、保険証など)
    • 住所が確認できる身分証明書(運転免許証、保険証など)
    *名刺は証明にはなりません
    県内在学の方 学生証 学生証
    *学生証に住所の記載がない場合には、住所が確認できる身分証明書(運転免許証など)も必要です。
  3. 上記以外の方は、資料を特定の上所属する大学や研究機関等の図書館、または最寄の公共図書館で紹介状の発行を受けてください。
    なお、埼玉県大学・短期大学図書館協議会(SALA)の「共通閲覧証」があれば紹介状なしで閲覧のご利用はできますが、「共通閲覧証」では貸出はできません。

来学してから

  1. 大学構内にはいったら、まず警備員室で入構手続をとり、学外者バッジを付けてから来館してください。
    平日17:00まで…大学正門ロータリーの警備員ブース
    平日17:00以降、土曜日、日曜日…本部棟内の警備員室(大学通用口)
    例外:写真入り利用証をお持ちの卒業生は、警備員室での来学手続きを省略します。
  2. 当センターのカウンターで身分証明書を提示し、所定の利用申込書に記入してください。卒業生の方は、卒業生であることを申し出てください。
  3. 図書の貸出を希望する方、継続的な利用を希望する方には利用証を発行します。
    • 学外者:青色の利用証
    • 卒業生・臨地実習教員:緑色の利用証(写真入り又は写真なし)
    <利用証と利用手続>
    • 利用証の有効期限は1年間です。(ただし県外在住の学生の方は当該年度の3月末まで)
    • 利用証の有無や有効期限にかかわらず、1の手続きは利用の都度必要です。
    • 利用証の発行を受けた方は、次回以降の来館の際は必ず持参し、カウンターに提示してください。2の手続きは不要となります。
    • 更新の際には、改めて2の手続きが必要です。

注意事項

  1. 次のサービスは利用できませんので、あらかじめ御了承ください。
    • 情報ラウンジ・閲覧ブース・グループ研究室・マルチメディア編集室の使用
    • 本学が学生・教職員用に契約している電子ジャーナル・データベースの利用
    • 図書の予約、リクエスト
    • 他機関への紹介状発行、学外からの複写文献・現物の取寄せ
    • ノートパソコンの貸出
    *館内のパソコンは、蔵書検索のみの利用とさせていただきます。
    *その他、貸出できない資料があります。
    例外:卒業生は、「情報ラウンジ」内の「専用席」でパソコンの利用が可能です。
    本学が契約している電子ジャーナル・データベース(一部を除く)を利用できます。
  2. 18歳未満の方は利用できません。乳幼児の同伴も御遠慮ください。
  3. 持ち込みの受験勉強などはお断りします。

当センターは、大学施設という性格上、乳幼児同伴者の利便性や児童の安全性 に十分配慮した設計・構造になっていません。
また、閲覧席には限りがあり、本学の学生の利用を優先させるため、席だけを使うような利用は御遠慮いただいて います。
皆様の御理解と御協力をお願いいたします。