本文へスキップします。

【参】メインイメージ(共通)
大学上空から
タイトル

ニュース

ニュース:タブ
ニュース

博士前期課程の伊藤晴紀さんが官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN新・日本代表プログラム~に採用されました New

ニュース

2024/06/27

   本学博士前期課程の伊藤晴紀さんが「官民協働海外留学支援制度 ~トビタテ!留学JAPAN新・日本代表プログラム~」派遣留学生に採用されました。

【伊藤晴紀さんのコメント】
   この度、官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN新・日本代表プログラム~の16期生に採用していただき、誠に光栄に思います。このプログラムに採用いただけたのは、何度も書類を添削していただきました高﨑博司先生、面接練習に付き合っていただいた同級生、友達、高﨑ゼミの先輩・後輩達のおかげです。心より感謝申し上げます。留学では自分で掲げたミッションの達成に向かって努力することはもちろん、留学前後に開催される研修会では今後の日本の未来を背負っていく他分野のリーダー達と繋がり、自分の視野を広げて来ます。また、本プログラムでは「留学を広める」という義務もあるため、埼玉県立大学の学生が留学を身近に感じられるように、経験を伝えていきます。

【指導教員   高﨑博司准教授(理学療法学科)のコメント】
   トビタテ!留学JAPAN新・日本代表プログラムとは、「自ら社会に変革を起こしていくグローバルリーダー」として日本の未来を創る人材を育成する官民協働プログラムです。この日本代表メンバーとして伊藤さんが選出されたということは大学としても非常に名誉なことです。留学費用もさることながら、留学前後の研修と他分野のリーダーたちとの出会いによって、彼の人生観は大いに進化を遂げることでしょう。彼のような人材を育成できたことは私の人生の宝であり、また、彼が先輩後輩の起爆剤となり、さらなるグローバルリーダーの輩出に繋がればと願っています。