本文へスキップします。

【参】メインイメージ(地域貢献)
メインイメージ
タイトル

研究・地域貢献

研究・地域貢献:タブ
公開講座:年別リンク
研究・地域貢献(一覧)

有竹清夏教授(検査技術科学専攻)が研究分担者として携わった「健康づくりのための睡眠ガイド2023」をぜひご覧ください New

研究活動

2024/03/29

   2024年2月に厚生労働省より「健康づくりのための睡眠ガイド2023」が公表されました。本ガイドの策定にあたっては、本学健康開発学科検査技術科学専攻の有竹清夏教授が研究分担者として参画しています。良い睡眠をとるための様々なアドバイスが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

健康づくりのための睡眠ガイド2023はこちら(外部リンク)

◆有竹教授からのコメント
   2024年度開始となる21世紀における第三次国民健康づくり運動「健康日本21(第三次)」でさらなる睡眠・休養分野の取組みを強化するため、これまでの睡眠指針を見直し、この度「健康づくりのための睡眠ガイド 2023」が策定されました。今回の新たな指針では、「健康日本 21(第三次)」において目標として掲げられた適正な睡眠時間と睡眠休養感の確保に向けて「成人」「こども」「高齢者」と年代別の睡眠・休養の推奨事項とともに、睡眠と光・温度・音等の環境因子、食生活・運動等の生活習慣、嗜好品との付き合い方も科学的知見を踏まえ参考情報としてとりまとめています。さらに、睡眠障害、女性ホルモンと健康、交替制勤務の観点からも言及し整理しています。