本文へスキップします。

【参】メインイメージ(共通)
メインイメージ
ニュース:タブ
ニュース

2020年度学生表彰 受賞者決定

学生表彰

2021/03/23

埼玉県立大学では、学術研究活動や社会活動・課外活動で賞を受けるなど、高い評価を受けた学生・団体を毎年表彰しています。2021年2月26日には、次の学生が今年度の受賞者として表彰されました。

受賞者紹介(学部)

学術研究活動

〇理学療法学科4年
 金野 賢さん
(受賞理由)研究論文が第一筆者として学術誌「徒手理学療法」に掲載

〇理学療法学科4年
 鈴木 克弥さん
(受賞理由)研究論文が第一筆者として国際誌「Open Journal of Therapy and Rehabilitation」に掲載

社会活動

〇理学療法学科4年
 宇佐美 優奈さん
(受賞理由)「医学系学生の感染予防指針ー理学療法学生向けー」を作成し、理学療法学科学生のCOVID-19感染症対策に貢献するとともに、当該指針がグローバルヘルス合同大会において紹介

〇理学療法学科4年
 舩越 逸生さん
(受賞理由)「医学系学生の感染予防指針ー理学療法学生向けー」を作成し、理学療法学科学生のCOVID-19感染症対策に貢献するとともに、当該指針がグローバルヘルス合同大会において紹介





学部受賞者(理学療法学科)


受賞者紹介(研究科)

学術研究活動

〇博士前期課程1年
 小林 麻里子さん
(受賞理由)「第60回日本臨床化学会年次学術集会」奨励賞受賞

〇博士前期課程1年
 関 穂乃花さん
(受賞理由)「第47回埼玉県医学検査学会」埼臨技奨励賞受賞

〇博士前期課程1年
 飯島 竜星さん
(受賞理由)「第47回埼玉県医学検査学会」埼臨技奨励賞受賞

〇博士前期課程1年
 伏見 ももさん
(受賞理由)「令和元年度日本臨床衛生検査技師会学生表彰」会長賞受賞

〇博士前期課程2年
 田中 満里奈さん
(受賞理由)「第47回埼玉県医学検査学会」優秀発表賞 他

〇博士後期課程1年
 峯岸 雄基さん
(受賞理由)「第28回埼玉県理学療法学会 」学会奨励賞受賞

〇博士後期課程2年
 横山 萌香さん
(受賞理由)「De Luca Foundation」が企画した研究奨励賞に選出

〇博士後期課程3年
 久保田 圭祐さん
(受賞理由)「De Luca Foundation」が企画した研究奨励賞に選出

〇博士後期課程3年
 善田 督史さん
(受賞理由)「第30回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会」医療の質特別賞受賞

 



研究科(博士前期課程)受賞者



研究科(博士後期課程)受賞者

受賞者代表あいさつ


 本日は2020年度学生表彰をいただき、誠にありがとうございます。受賞者を代表いたしまして、御挨拶をさせていただきます。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で私たちの生活は一変しました。本学においても年度当初からオンライン授業の導入や、臨床実習形態の変更、サークル活動の制限といった対策を講じることとなりました。そんな中で学生として学ぶべきことなんとかして継続しなければ、そんな思いで私たちは理学療法学生がすべき感染症対策指針の作成に至りました。この活動により理学療法学科の臨床実習前指導のみならず、他大学、医療福祉施設の先生方の手にも指針が渡り、社会貢献の一環になっていること非常に嬉しく思います。本活動を通して、できない理由を探すのではなく、目的のために自ら進んでいくことの大切さを体得しました。本学は保健医療福祉系の大学であります。感染症は未だ終息の目処が立っておりませんが、ウイルスに対し正しい知識のもと十分な感染症対策と研究・教育活動を両立し、地域社会のロールモデルとなることが求められると考えております。また、私たち学生1人1人が自身の学びのために考え、責任を持って、恐れずに行動することでニューノーマルの時代で戦える人材となるのではないかと感じております。

今後は、病院で働きながら本学大学院の博士前期課程へ進学します。在学4年間の学びをもとに、臨床現場での社会貢献と研究活動により科学の進歩に貢献できるよう努めて参りたいと思います。

最後に、教育・研究面からご指導いただきました先生方を始め、日頃よりお世話になっております皆様にこの場をお借りいたしまして、お礼申し上げます。 私たち受賞者一同、本学での学びや活動を糧に、これからの大学生活や社会人に向けてより一層精進して参ります。本日はありがとうございました。

理学療法学科4年 宇佐美 優奈


表彰式の様子