本文へスキップします。

【参】メインイメージ(研究活動・産学連携)
メインイメージ
H1

教育・研究・地域連携の一体的推進事業

教育・研究・地域連携の一体的推進事業

「教育・研究・地域連携が一体となった仕組みづくり」を目指す事業を学内で公募・助成し、実施しています。

「教育・研究・地域連携が一体となった仕組みづくり」の目標
1)教員と学生がともに地域に入り込んだ教育活動・研究活動プロセス自体(対象・内容・成果・実施のための行動等)がその地域における地域連携活動になることができる。
2)学生も教員とともに研究活動に主体的または補助的に携わることで、その研究活動が地域社会への貢献に直結しているという意識を学生自らが育むことができる。
3)学生と教員がともに取り組む地域連携の活動地域をアクティブラーニング(課題発見・整理・対策案等の学習・研究)の場とすることができる。
こうした事業を通じて、教員と学生がともに取り組む教育活動・地域連携活動を進めてまいります。

【2023年度実績】

代表者 課題名
理学療法学科
 准教授  小栢 進也
学生主導による地域高齢者の膝の痛みに対する集団体操の実践 -痛み焦点型と運動量焦点型リフレクションの運動効果の違い検証-(pdf 323KB)
理学療法学科
 准教授  村田 健児
地域スポーツコミッションの基盤構築に向けた取り組み -障害予防検診からスポーツと健康の教育・研究・活動を実践する-(pdf 405KB)
お問い合わせ(研究開発センター)

このページについてのお問い合わせ先

研究開発センター

Research_c@spu.ac.jp
外線 : 048-973-4383(直通)