本文へスキップします。

【参】メインイメージ(研究活動・産学連携)
メインイメージ
H1

研究開発センターからのご案内

研究開発センターからのご案内

 

研究開発センターシンポジウム2020のご案内




国は、地域課題が複合化・多様化するなか、一人ひとりが生きがいや役割を持ち、助け合いながら暮らしていくことのできる包摂的な社会 (=地域共生社会)の実現を目指し、介護保険や社会福祉の制度改革を進めている。
これを実現するためには、地域が抱える課題を関係者が共有した上で、民間を含めた多様な主体がネットワーク化され、かつ、協働していく必要がある。しかしながら、新型コロナの影響により、こうした様々な活動に支障が生じ、支援者を支援する必要性が急速に高まっている。
本シンポジウムは、地域共生社会の実現を目指した国の施策動向をおさえた上で、子どもの食支援の実践者とその関係者を交え、支援者支援のあり方や今後の展開について討論していきます。ご興味のある方是非ご参加ください。

テ ー マ :  「地域のつながりの再構築を目指して」
公 開 日 :  2021年2月中旬予定 
公開期間:  2021年2月中旬~7月末(予定)
公開方法:  WEBシンポジウム(オンデマンド配信)
参 加 費 :  無料
シンポジウムチラシ(pdf 742KB)
お申込み方法: 下記お申込みフォームにて必要事項を登録ください。
                    視聴方法につきましては、お申し込みをいただいた方へメールにてご案内致します。
  ・お申し込みフォーム:https://business.form-mailer.jp/fms/2b7fbff4127411

 •プログラム 

【第1部】基調講演
「地域共生社会の実現を目指した国の施策動向とコロナ禍での対応」
                         
                          笹子 宗一郎氏
(厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課  課長)


【第2部】シンポジウム「
支援者をいかに支えるか~子どもの食支援活動から考える~」
 
                 講演   佐藤 匡史氏
(日本こどもの居場所ネットワーク埼玉支部事務局/川口こども食堂代表)

                          吉川 尚彦氏(埼玉県生活協同組合連合会    専務理事)

                          古川 泰之氏
(埼玉県福祉部少子政策課 副課長)

                          川越 雅弘(埼玉県立大学大学院/研究開発センター    教授)
 
   
               パネルディスカッション
 
                 座長  川越 雅弘(埼玉県立大学大学院/研究開発センター  教授)



地域包括ケア推進セミナーのご案内

本セミナーは、地域包括ケアに関わる様々な関係者の実践力を高めることを目的とした勉強会として定期的に開催するものです。
昨年までは、集合型(半日程度)の形で開催してきましたが、コロナ禍でもあり、短時間のオンライン形式での再開とさせて頂くことと致しました。
地域課題解決につながる活動をされている多様な関係者(民間企業を含む)にご報告を頂く予定です。ご興味のある方は是非ご参加ください。


テ ー マ :  「地域の社会資源を知ろう」
開 催 日 : 2021年1月15日(金)·第1回 地域の社会資源を知ろう 1(pdf 564KB)
                        1月29日(金)·第2回
                        2月12日(金)·第3回
                        2月26日(金)·第4回
                        3月12日(金)·第5回
                        3月26日(金)·第6回
時   間 : 各開催日の18時~18時50分
開催方法:  Zoom会議
参 加 費 :  無料(要登録)
申し込み方法: 下記申し込みフォームにて必要事項を登録ください。
                    視聴方法につきましては、申し込みをいただいた方へメールにてご案内致します。
  ·申し込みフォーム:https://business.form-mailer.jp/fms/bce702d7136262






このページについてのお問い合わせ先

 

研究開発センター

Research_c@spu.ac.jp / 外線:048-973-4362 (直通)