本文へスキップします。

【参】メインイメージ(研究活動・産学連携)
メインイメージ
 
更新日:2019年08月21日
H1

産学連携ポリシー

産学連携ポリシー及び研究テーマ

地域産学連携センターでは、地域の企業等との共同研究・受託研究に関する相談受付や、産業界への学内情報の発信・研究成果の公表などを行います。

産学連携ポリシー

1 基本理念

埼玉県立大学は、保健・医療・福祉の分野における教育研究の成果を広く社会に還元し、保健・医療・福祉の水準の向上と地域産業の振興及び地域社会の発展に寄与することを目的として、産学連携を推進する。

2 基本的な考え方
  1. 県民によって支えられる地域に開かれた大学を目指し、全学的な課題として産学連携に取り組む。
  2. 大学の研究成果による社会貢献という視点から、研究の活性化と研究成果の普及・活用を推進する。
  3. 産学連携の効率的・効果的な推進を図るため、企業や自治体、諸団体との交流・連携を深める。
3 具体的取組
  1. 産学連携の総合的な推進主体として地域産学連携センターを設置する。
  2. 企業等のニーズに基づいた受託研究等に積極的に取り組み、研究活動を活性化する。
  3. 研究会や展示会への参加、インターネットの活用等により、研究成果の積極的な情報発信に取り組む。
  4. 情報の収集・発信やニーズの把握等を行うため、関係機関との広範な産学連携ネットワークを構築する。
4 秘密保持・法令遵守
  1. 教職員は、産学連携活動により知り得た企業等の情報に関する秘密保持義務を遵守する。
  2. 教職員は、本ポリシー及び関連する法令等を遵守し、県民の信頼を損なうことのないよう行動する。
 平成30年度センター活動実績報告書