本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

有竹 清夏

Sayaka ARITAKE

701151

氏名 有竹 清夏
Sayaka ARITAKE
学科・研究科 健康開発学科 検査技術科学専攻/大学院研究科
職名 准教授
学位 博士 (保健学) / M.T., RPSGT, Ph.D
専門分野 臨床生理学・睡眠学・時間生物学
E-mail aritake-sayaka “at” spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・臨床生理学(Clinical Physiology)
・睡眠学(Sleep Research)
・時間生物学(Chronobiology)

研究テーマ

1. 身体運動が睡眠中の生理機能および認知機能に与える効果に関する研究
2. 睡眠中の時間感覚に関する生理学的研究
3. 睡眠呼吸障害患者に生じる脚運動と心血管疾患リスクに関する研究(国際共同研究)
4. 地域包括に向けた高齢者の睡眠マネジメントに関する研究(共同研究)
5. 睡眠衛生, QOL, 疲労に関する疫学研究 など

教育分野(担当科目)

担当科目:
生理機能検査学Ⅰ, 生理機能検査学Ⅱ, 生理機能検査学Ⅲ, 生理機能検査学実習, 画像検査学, 画像検査学実習, 人体生理機能演習, 生理機能特論, 心電図解析演習A, 心電図解析演習B, IPW実習ほか
 
生理機能検査(心電図, 呼吸機能, 脳波, 誘発電位, 筋電図, 超音波, 画像検査, 眼底検査, 味覚・嗅覚検査など)に関する講義および実習を担当します. 生体の仕組みや機能への理解を確認しながら, 各々の生理機能検査に必要な知識と技能の習得を目指します.

自己PR

 主に睡眠中の生理機能(脳波,脳画像,心電図,体温,代謝, 概日リズムなど)に関する研究を行っています. 最近は運動が睡眠に与える効果の生理学的メカニズムについて取り組んでいます. 臨床応用の基盤となる基礎的研究,臨床的研究の両面からアプローチしています.

受験者へのメッセージ

 生理機能検査は患者様と接する機会が多く, 患者様や医療従事者との良好なコミュニケーションが必要とされる検査ですが, やりがいも感じられることでしょう. ぜひ一緒に生理機能検査学を学んでいきましょう. よく学び, よく遊び, よく眠りましょう.

最近の研究内容

身体運動が睡眠中の生理機能および認知機能に与える効果に関する研究
(運動すると睡眠の質が良くなるか, 運動すると睡眠中の体の中はどう変化するのか?)
 
一部の不眠症やうつ病では, 自覚的な睡眠時間の評価に著しい異常が認められ, その背景には深い睡眠の減少が関連している可能性が考えられています. 一方, 効率的な身体運動はこの深い睡眠を増加させる働きがあると報告されています. そこで深い睡眠を増やす効率的な身体運動法を確立するとともに,新たな評価法を導入することで,現代社会において誰もが抱え得る不眠の生理的メカニズムの解明とその改善に貢献したいと考えています.
 
研究業績(外部サイト)


2020年研究シーズ1
2020年研究シーズ2

2019年度教育研究等業績
2018年度教育研究等業績
平成29年度教育研究等業績
平成28年度教育研究等業績