本文へスキップします。

【参】メインイメージ(教員紹介)
メインイメージ
教員DB:詳細

山田 恵子

KeikoYAMADA

901215

氏名 山田 恵子
KeikoYAMADA
学科・研究科 共通教育科/大学院研究科
職名 准教授
学位 博士(医学)/ Ph.D.
修士(公衆衛生学・医療政策学)
専門分野 整形外科学・公衆衛生学・ヘルスコミュニケーション学・医療情報学
E-mail yamada-keiko“at”spu.ac.jp
※“at”を@に置き換えて下さい。

専門分野

・整形外科学(Orthopaedics)
・公衆衛生学(Public Health)
・ヘルスコミュニケーション学(Health communication)
・医療情報学(Medical Informatics)

研究テーマ

1. ロコモティブシンドローム (Locomotive syndrome)
2. Personal Health Records
3. ヘルスリテラシー向上(Health literacy) 

教育分野(担当科目)

担当科目
(大学院)保健医療福祉とリハビリテーション、フィジカルアセスメント、応用人体構造機能論、加齢運動神経機能論等
 
(学部) 整形外科学、リハビリテーション学、画像診断演習等

【概要・工夫など】
できるだけ多くの画像や動画を見ていただいて、実際の体をイメージしやすくなるように考えています

自己PR

 保健医療福祉の基礎となる整形外科・リハビリテーションの基本から、専門性の高い科目まで、実務経験の知見を交えて教育を行います。一方、分野横断的な経験を踏まえて、より実際的な研究を行っています。

受験者へのメッセージ

 高齢社会の日本で、保健医療福祉分野は社会を支える基盤になります。専門性が高い分野でもありますが、少しアンテナを伸ばせば、さまざまな可能性があるところだと思います。

最近の研究内容

1.移動機能低下の危険因子の解明
2.ロコモの性・年代別基準値の作成
3.医学研究をわかりやすく伝える手引きの作成
 
研究業績(外部サイト)


2022-2023研究・地域活動シーズ